納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン2018は4GB以上プラン契約でSIM1円!7月1日からはMNP転出手数料が改悪なので駆け込み




イオンモバイルデビューキャンペーンでなんとSIMが2円に!

イオンモバイル

イオンモバイルでは,2018年6月15日(金)から9月3日(月)まで,「納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン2018」を実施しています。

キャンペーン期間中,HUAWEIスマホを一緒に購入するか,au回線・NTTドコモ回線ともに4GB以上のプランにすると,なんとSIM代金が2円になります!以下,解説していきます。

納得!夏得!HUAWEI P20シリーズデビューキャンペーン!

期間中に、イオンモバイル通信サービスの新規ご契約※2と同時に対象スマートフォン本体をご購入の場合、HUAWEI P20 シリーズ」および「HUAWEI nova lite2」を特別価格にて提供します。

【SIMカード&端末セット購入の場合の本体特別価格】
●HUAWEI P20 lite    :特別価格27,800円(税込30,024円)+SIM代金
●HUAWEI P20       :特別価格64,800円(税込69,984円)+SIM代金
●HUAWEI nova lite2※3 :特別価格22,800円(税込24,624円)+SIM代金
※2)音声プランもしくはシェア音声プランでのご契約が必要です。
※3)「HUAWEI P20」および「HUAWEI nova lite2」は、タイプ1(au回線)がご利用できません。

まず,「納得!夏得!HUAWEI P20シリーズデビューキャンペーン!」では,HUAWEIのスマホと一緒にイオンモバイルSIM(音声プランもしくはシェア音声プラン)を契約すると,SIM代金が1円になります。

SIMタイプ1(au回線)SIMタイプ1・2(NTTドコモ回線)ともに4GBプラン以上でSIMカード1円

納得!夏得!初期費用1円キャンペーン!

期間中に、以下の条件①もしくは条件②のいずれかで新規ご契約の場合、SIM代金(通常3,000円/枚)を1円(税抜)/枚で販売します。

<対象条件>
条件①4GB以上のプランによる新規ご契約
※音声プラン、データプラン、シェア音声プランが対象です。
※シェア音声プランの追加SIM代金も1円となります。

条件②イオンモバイルを契約時に対象端末※4をセットで購入
※音声プラン、シェア音声プランが対象です。
※4)当社指定HUAWEI製およびSHARP製スマートフォン

こちらは4GB以上のプランでSIM代金1円です。イオン店舗での「ご契約即日お渡し」でも,イオンデジタルワールド(WEB)でもOKです。格安SIM(MVNO)としては珍しい契約即日渡しは,急ぐ場合には重宝しますね。

SIMタイプって?タイプ1とタイプ2の違いについて

f:id:monimonita333:20171108213944p:plain

タイプ1は低速時(最大200kbpsでの通信時)に「3日間366MB通信制限」があります。あくまで低速時だけの制限なのですが,それでもデメリットには違いありません。低速時制限のないタイプ2は以前は対象外でしたが,2017年12月8日からタイプ2もキャンペーン対象となりました!タイプ2がオススメです!

副回線のシェア音声もなんとSIMカード1円!

※シェア音声プランはご契約即日お渡し店舗でのみお申込みいただけます。

※キャンペーン期間中につき、4GB以上またはMNPにてお申し込みのSIMカード代金(初期費用)は1円でお買い求めいただけます。

さらに注目が上記の記述です。シェア音声プランは,イオン店舗「ご契約即日お渡し店舗」のみで申し込めるのですが,このとき副回線のSIMカード代金(初期費用)も,本キャンペーンの1円対象になるのかが疑問でした。

ハチ公
こんばんは この間契約してきましたがシェア音声4GBで副回線もSIM代金は1円でしたよ。ご参考までに。

そう考えてたところ,ハチ公さまに上記のコメントをいただきました。なんと主回線がシェア音声4GBプランなら,副回線もSIM1円とのことです!これはアツイです。

SIMカード3,240円→1円はどれぐらいおトクか

というわけで,この1円SIMキャンペーンのお得度を計算していく前に,「SIM1円は価値があるのか」について検討しておきたいと思います。実は,SIM1円というのは,実はそれほど珍しいわけでもありません。Amazonでも,たとえば,U-mobileのSIMを1円で販売していたりします(高いときもあります)。

でも,このU-mobileのSIMには罠があります。

お申込み時に必要な「登録事務手数料:3,000円」はパッケージご購入代金に含まれます。

↑これはいいとして,

本パッケージ経由でのお申込みの場合、WEB限定パッケージ申込み要項に同意する必要がございます。本パッケージ経由でのサービスを開通した場合、解約に際しサービス解除料が発生いたします。(開通月を含む6ヶ月以内の解約の場合、サービス解除料として3,000円(税抜)が発生いたします。)

なんと!6ヶ月以内に解約したら,通常の契約解除料と別に,サービス解除料を3,240円取られるとのこと!1円だったのを後から回収!ひどい!

それなら1円ではいことが多いですが,こちらのOCNモバイルONEの方がいいかもしれません。

ともあれ,契約事務手数料3,240円が2円になるというイオンモバイルの今回のキャンペーンは結構,おトクだということがわかるかと思います。

なぜイオンモバイルが注目されるのか?

ほかにもイオンモバイルが注目される理由があります。一つは「契約解除料が発生しない」という点です。

Q.解約する場合、契約解除料(解約金・違約金)は発生しますか?

A.契約期間の縛りはありませんので、いつ解約しても契約解除料(解約金・違約金)は発生致しません。

解約する場合、契約解除料は発生しますか? | イオンモバイル|よくあるご質問

しかし,ぬか喜びはいけません。イオンモバイルは,確かに音声プランでも契約解除料を取っていませんが,なんとMNP予約番号手数料がかなりの額かかります。

Q.イオンモバイルでは乗り換え(MNP転出)はできますか?

A.MNP転出はできます。
マイページもしくはお客さまセンター(0120-025-260)にて転出手続きが可能です。MNP転出のお申込み後、4~5日程度でイオンモバイルご契約者さま専用マイページにて転出用のMNP予約番号をお知らせいたします。
なお、他社へのMNP転入完了後に、イオンモバイルとのご契約が解約となり、契約後180日以内の場合は、MNP転出手数料が8,000円/回線(税抜)、181日以上経っている場合は、3,000円/回線(税抜)かかりますす。

イオンモバイルではMNP転出はできますか? | イオンモバイル|よくあるご質問

「なーんだ!」という声が聞こえてきそうですが,180日以内に転出の場合の8,640円(税込)は,他社の契約解除料に比べれば安めです。ここがイオンモバイルが注目される点ですね。

ちなみに181日以上維持しようとすると,初月+6ヶ月必要ですので,500MBプランで1,220×6=7,320円(税込)かかります。そうなると,結局,差額(8,640円-3,240円=5,400円)よりも結局維持費が高くなります。

あと,格安SIM(MVNO)としては珍しい「シェア音声プラン」のこともあります。これについては,下記で詳しく説明していきたいと思います。

【2018年7月1日より】MNP転出手数料改定について
2018.06.08

平素はイオンモバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2018年7月1日(日)より、イオンモバイルではMNP転出手数料を下記のとおり改定いたします。

■2018年7月1日(日)以降にご契約いただいた回線をMNP転出する場合
・MNP転入した回線を転出する場合:3,000円(税抜)
※MNP転入した回線は、期間に関わらず転出手数料は3,000円(税抜)となります。
・契約日より90日以内に転出する場合:15,000円(税抜)
・契約日より91日以降に転出する場合:3,000円(税抜)

■2018年6月30日(土)までにご契約いただいた回線を2018年7月1日(日)以降にMNP転出する場合
・MNP転入した回線を転出する場合 3,000円(税抜)
※MNP転入した回線は、期間に関わらず転出手数料は3,000円となります。
・契約日より90日以内に転出の場合 8,000円(税抜)
・契約日より91日以降に転出の場合 3,000円(税抜)

ただし,MNP転出手数料は2018年7月1日以降は90日以内15,000円(税抜)に改悪されますのでご注意ください。

イオンモバイルの「シェア音声プラン」とは?

f:id:monimonita333:20171108211415p:plain

イオンモバイルの「シェア音声プラン」とは,音声通話SIM1枚につき,最大5枚までSIMカードを組み合わせられるプランです(ただし,4枚目・5枚目の追加には別途216円かかります)。ドコモ・au・ソフトバンクでは,もはやシェアプランは常識ですが,格安SIM(MVNO)では珍しいです。

f:id:monimonita333:20171108211540p:plain

シェア音声プランは最低が4GBで1,780円/月(税抜き)からになります。そして,もう一つ,注目しなければならない記述は下記です。

f:id:monimonita333:20171108211704p:plain

シェア音声プランのお申し込みは、「ご契約即日お渡し店舗」のみとなります。「イオンデジタルワールド(WEB申し込み)」、「後日配送お渡し店舗」ではお申し込みいただけません。

そうなんです。イオンモバイルの「シェア音声プラン」に申し込むには,店舗で契約しなければなりません。しかも契約即日渡しができる店舗限定です。

店舗一覧|業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

シェア音声プランは節約にもオススメ

繰り返しになりますが,音声シェアプランを選択した場合,シェアできるのは最大SIMカード4枚までです。ただし,4枚目・5枚目の追加には別途216円(税込)かかります。

f:id:monimonita333:20171108220335p:plain

ただし,音声シェアプランを選んだからといって,シェアしないといけないわけではなく,単独で使用してもOKです。普通の音声4GBプランよりも216円(税込)高いので,そんなことをする人はいないでしょうが…。

さらに,もう一つのポイントは下記です。

f:id:monimonita333:20171108212300p:plain

シェア対象となる副回線のSIMカードが,データ専用であれば0円維持も可能なのですが,音声SIMカード(MNP予約番号を発行可能)で使う場合は,「シェアプラン音声追加オプション」として,月756円(税込)必要です。

つまり,MNPにこだわらずに普通に使うのであれば,「シェア音声プラン主回線+データ専用SIMカード+データ専用SIMカード」で使う場合は,

  • シェア音声4GBプラン1,922円+副回線0円+副回線0円=3台で1,922円/月

という値段で使えます。メインスマホ+iPad+LTE内蔵PCみたいな使い方ですね。1台あたり640円(税込)で,3台合計1,922円で使えます。ケータイ料金節約術です。普通に使う場合,シェア音声プランはおトクです。

MNP弾でもシェア音声プランが最強

f:id:monimonita333:20170218142019j:plain

イオンモバイル

では,MNP弾(MNPでおトクにケータイを契約するために,音声プランを契約して仕込むこと。ちなみにデータ専用SIMはMNPできません)を作る場合はどうでしょうか。検討してみましょう。

ちなみにイオンモバイルの回線契約数の上限は,

Q. イオンモバイルのお申込み上限数を教えて下さい。

音声通話機能付きSIMカードのご契約はお一人さま5回線までを上限としています。データ通信専用(SMS機能付き)SIMカードのご契約はお一人さま5回線までを上限としています。
※2017年5月20日(日)より、シェア音声プランのご契約もお一人さま5回線までを上限とします。シェア音声プランを5契約された場合、各シェア音声プラン毎の音声回線は1回線のみとなります。シェア音声プラン1契約に通話機能を4回線付けられた場合、音声回線は5回線となるので以降シェア音声プランのお申込みはできません。

http://faq.aeonmobile.jp/faq/show/38?category_id=51

ということです。以前は(主回線+副回線+副回線)×5=15回線も可能でしたが,改悪されました。

さて,イオンモバイルの今回のキャンペーンを駆使して,5回線契約する場合の最安の組み合わせを検討してみましょう。イオンモバイルにMNPする人は少ないと思いますので,新規契約で音声4GBプランで計算します。

音声4GB シェア音声4GBプラン
+シェア音声2回線
シェア音声4GBプラン
+シェア音声4回線
初期費用 ¥1 ¥3 ¥435
月額 ¥1,706 ¥3,434 ¥4,946
MNP転出手数料
(180日以内)
¥8,640 ¥25,920 ¥43,200
¥10,347 ¥29,357 ¥48,581
(1回線あたり) ¥10,347 ¥9,786 ¥9,715

先述したように,副回線シェア音声もキャンペーン適用でSIMカードは2円になりますので,MNP弾作成を前提とした場合も,シェア音声4GBプランの方が安くなります。

本キャンペーンをMNP前提で活用するなら,シェア音声4GBプラン+シェア音声4回線が最安(1回線あたり9,715円)です。ただ,3回線でもほとんど変わりません(4・5回線目は初期費用216円/枚かかるので)。必要な回線数分どうぞ。

ただし,シェア音声プランの場合は,主回線を解約するとき(MNPするとき)は,必ずシェア子回線も解約(MNP)する必要があり,自由度が下がるという点はよろしくありません。この点はご注意ください。

MNP弾を作成してどう使うのか?ということの実践編は上記の記事をご一読ください。

まとめ

イオンモバイル

イオンモバイルキャンペーンのau回線・ドコモ回線ともに4GB以上のプランでSIMカード2円は,ケータイ料金節約術から見ても,MNP弾作成から見ても,注目されるキャンペーンだと思います。

【2018年7月1日より】MNP転出手数料改定について
2018.06.08

平素はイオンモバイルをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2018年7月1日(日)より、イオンモバイルではMNP転出手数料を下記のとおり改定いたします。

■2018年7月1日(日)以降にご契約いただいた回線をMNP転出する場合
・MNP転入した回線を転出する場合:3,000円(税抜)
※MNP転入した回線は、期間に関わらず転出手数料は3,000円(税抜)となります。
・契約日より90日以内に転出する場合:15,000円(税抜)
・契約日より91日以降に転出する場合:3,000円(税抜)

■2018年6月30日(土)までにご契約いただいた回線を2018年7月1日(日)以降にMNP転出する場合
・MNP転入した回線を転出する場合 3,000円(税抜)
※MNP転入した回線は、期間に関わらず転出手数料は3,000円となります。
・契約日より90日以内に転出の場合 8,000円(税抜)
・契約日より91日以降に転出の場合 3,000円(税抜)

ただし,MNP転出手数料は2018年7月1日より,90日以内の転出が8,000円→15,000円(税抜)に改悪されますので,2018年6月30日までの契約がオススメです。

もともと,イオンモバイルは180日以内のMNP予約番号発行手数料が8,640円かかるだけで,MNP弾として安いので注目されていましたが,さらに初期費用を節約できるということで注目を集める形になっています。

MNP弾としては,本キャンペーンを利用してシェア音声4GBプラン+シェア音声4回線が最安です。1回線あたり9,715円となります。主+副2回線の3回線でも,1回線あたり9,786円とほとんど変わりません。

f:id:monimonita333:20171108220804p:plain

一方で,格安SIM(MVNO)としてはユニークな,音声シェアプランについては,家族での使用や複数のデバイスを持っている人にもぜひ,試して欲しいサービスです。メインスマホのほかに,iPadやLTE内蔵PCをお持ちの方には,ケータイ料金節約術になります。今回のSIM1円キャンペーンはそのきっかけになるかもしれません。

イオンモバイル公式ホームページは下記のバナーからどうぞ。

音声シェアプランについては,店舗でしか契約できないので,お近くのイオンに立ち寄った際には,イオンモバイルも少しのぞいてみるといいかもしれませんね。











2 件のコメント

  • ハチ公さま
    貴重なコメントありがとうございます!記事中に引用させていただき,それに合わせて計算をし直しました。ありがとうございました。

  • こんばんは
    この間契約してきましたがシェア音声4GBで副回線もSIM代金は1円でしたよ。ご参考までに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です