大阪堂島の担々麺専門店「澤田商店」はサバ香る和風だしベース




大阪堂島の担々麺専門店「澤田商店」はサバ香る和風だしベース

地下鉄西梅田駅と肥後橋駅の中間地点あたりにある「澤田商店」は,「エスサワダ」「中華バル サワダ」「さわだ食堂」のオーナーである澤田州平シェフが手掛ける担々麺専門店です。

なんと天下一品とラーメン亀王に挟まれる立地(笑)。三店舗ラーメン店が並ぶ様は壮観です。


JR北新地駅も近いです。JR大阪駅や阪神梅田駅からでも15分ぐらいです。

Googleストリートビューによる2021年9月の映像です。「さわだ食堂」を担々麺専門店にリニューアル(2022年4月4日OPEN)というわけですね。

営業時間

11:00~21:00

日曜営業

定休日

無休 ※年末年始/臨時を除く

営業時間は11時~21時です。席が奥にテーブル2席であとはカウンターで計14席なので,行列ができてしまうのも仕方ありません。

今回はこちらのお店で「担々麺+ミニ麻婆飯セット」をいただいてきましたのでレポートしたいと思います。

担々麺専門店とありますが麻婆麺もあります

メニューは担々麺と麻婆麺が基本で,あとはそれにミニ麻婆飯のセットですね。

ちょっと特殊なのはパイコー麺(豚肉に衣をつけて揚げたもの)が限定であることです。

しかし,2022年4月の時点では麻婆麺は準備中でした。

担々麺は辛さと痺れを4段階で選べます。私は両方「4」にしました。

卓上の調味料です。辛みとしびれは,これで追加することもできます。あとは昆布酢もさっぱりこくが出ます。

ご飯ものは,は先にも触れた「ミニ麻婆飯」とセットでない「ミニチャーシュー丼」ですが,チャーシュー丼はまだ未発売のようでした。

もにもにた
担々麺には〆ご飯(ほんの少し)が付くので,ミニ麻婆飯だとちょいかぶります

店内はカウンター6席に4人テーブル2卓のこじんまりした空間

店内はカウンター6席に4人テーブル2卓(?)ですかね。ちょっと奥の方はお客さんがいらっしゃって確認できませんでした。

スタッフの方は3人ほどいらっしゃいました。

コンパクトなお店なので,どうしても並びが出るのは仕方ないですよね。

「担々麺」はこちら

席に着いてから5分もしないうちに「担々麺」がやってきました。辛さ4,痺れ4です。

2022年4月7日時点では,担々麺+ミニ麻婆飯のセットで1,180円でした。

お肉は薄めのものが2枚。バラ肉とトリムネ肉だそうです。

麺は中太のちぢれ麺です。スープに良く絡みます。

「ミニ麻婆飯」と追い飯です

「ミニ麻婆飯」と,担々麺に付いてくる追い飯です。辛さとしびれを聞かれるときに,追い飯も要不要を聞かれます。

ご飯はホントに手のひらサイズで,女性や少食の方もあまり心配ありません。

まとめ

大阪堂島にある担々麺専門店「澤田商店」のご紹介でした。

営業時間

11:00~21:00

日曜営業

定休日

無休 ※年末年始/臨時を除く

日曜日も営業しており,基本的に年中無休だそうです。年末年始や臨時休業はあるそうなので,ご注意ください。


お店の場所はこちらです。カラシビといえば,東京神田の「鬼金棒」ですが,それよりはだいぶ上品な感じでした。

神田のカラシビ味噌ラーメンといえば「鬼金棒」!辛い!しびれる!ウマい!

2021-12-22

こちらもよろしければご参照ください!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA