味仙(みせん)大阪マルビル店で台湾ラーメンを食べてきた!すべての料理がニンニクたっぷり




味仙(みせん)とは?台湾ラーメンとは?

台湾料理 味仙(みせん)をご存じでしょうか?どこにでもありあそうな街中華っぽいネーミングですが,名古屋では超有名店なのです。

名古屋の今池本店を中心に10数店舗ある味仙の名物は台湾ラーメンです。といっても,実は台湾には「台湾ラーメン」はないんですよね。

もともとは創業者の郭明優氏が「台湾の担仔麺を大阪万博の会場で探したが見つからなかったために自ら作ったのがきっかけ」とのことで,担仔麺をベースとしながらも,辛いもの好きだった郭明優が激辛にアレンジしてまかないで食べていたのを常連客に提供したのが始まりだとのことです(Wikipedia「味仙」による)

いまや名古屋名物となった台湾ラーメンですが,味仙は名古屋の他店が台湾ラーメンの名称を使うのに肯定的だとか。太っ腹ですね。

さて,そんな味仙ですが,創業者の郭明優氏の一家が経営する店舗が増えていき,いまや中部国際空港(セントレア)にもお店があります。

味仙(みせん)大阪マルビル店は味仙グループ大阪初進出店

さて,そんな名古屋の有名中華料理店味仙の特徴は,とにかくニンニクたっぷりの料理と台湾ラーメンです。

その味仙が2019年10月25日に,大阪マルビルの地下2階にオープンしました。大阪初進出です。というわけで,行ってきました。

ただ,Wikipediaによると,この大阪マルビル店は「経営者不明」と書いてあります。どうなんでしょうか…。

確かに「中国台湾料理 味仙 今池本店」の公式ページの店舗案内には「大阪マルビル店」はありません。

一方で,四男の郭政良氏が経営している「郭政良 味仙」の公式ページの店舗案内の一番下には「大阪マルビル店」があります。

味仙(みせん)大阪マルビル店でニンニクたっぷり料理を堪能

ともあれ,味仙大阪マルビル店に行ってきました!平日の18時半頃でしたが,店は満員!大賑わいでした。メニューは上記の通りです。

まずは瓶ビールをいただきました。グラスには「台湾ラーメン 味仙」の文字があります。

続いて,味仙に行ったら絶対に注文する青菜炒めです。この粒,全部ニンニクなんですねー。かなり濃いめの味付けでビールが進みます。

ニンニクチャーハンです。みじん切りのニンニクがごろごろ入っていて,ニンニクの辛みがダイレクトに感じられます。

春巻きです。関西人だと練りからしをつけて食べるイメージがありますが,味仙の春巻きは塩こしょうをつけて食べるスタイルです。

焼き餃子です。王将と比べると少し小ぶりですが,味付け・ニンニクはしっかり!という感じです。

味仙(みせん)大阪マルビル店で台湾ラーメンを食べてきた

そしてラストは言うまでもなく,名物の台湾ラーメンです。真っ赤ではないのですが,唐辛子が浮かんでいて辛いです。ミンチもたっぷり。麺はちょっとボソッとしており,確かに台湾の担仔麺を思い出せます。

そして,写真を撮り忘れたのですが,同行者は辛さ控えめの「台湾ラーメン アメリカン」を注文しました。もともと台湾ラーメンは,かなり小ぶりな鉢に入って出てくるのですが,アメリカンは一般的なラーメン鉢に入って出てきました。一瞬「大盛り?!」と思いましたが,スープを薄めているので多いんでしょうかね。

  1. アフリカン
  2. イタリアン
  3. ノーマル
  4. アメリカン

上記は台湾ラーメンの辛さ順ランキングです。アフリカンとイタリアンはメニューに載っておらず,裏メニュー的な存在です。

上記のメニューの台湾ラーメンのところの「台湾ラーメンは100円増しで激辛に出来ます」がイタリアンですかね。アフリカンは200円増し?

台湾ラーメンの元祖「味仙」にはアメリカン、イタリアン、アフリカンという必殺メニューがある【名古屋を真っ赤に染める】|メシ通

イタリアンやアフリカンについて詳しくは上記の記事で紹介されています。ノーマルとアメリカンはメニューに載っていますので安心してご注文ください。

まとめ

味仙(みせん)大阪マルビル店で台湾ラーメンを食べてきたレポートでした。名古屋に行くたびに寄っていた味仙が大阪に進出してきたのは喜ばしいことです。

大阪マルビル店の経営主体は今ひとつわかりませんが,味は名古屋で食べた味仙と遜色ないと感じました。

ただ,大阪マルビルのテナントということで,店自体はかなり手狭な感じで,一つのテーブルを共有して使う相席は当たり前といった感じでした。

この大阪マルビル店が好調なら,関西に大きな路面店も進出してきてほしいですね。

気軽にランチでも台湾ラーメンが食べられるようになったらいいなぁと思います!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA