ドコモのGalaxy A53 5G(SC-53C)を一括9,900円で1台新規契約してきた話




今回も関西の家電量販店です

さて,過去看板記事だったケータイ趣味体験記です。2019年6月にauのiPhone8 64GBを一括0円+0.5万円CBで3台MNPしたの最後に,2019年秋から総務省規制のケーコジ暗黒時代に突入してしまいました。

「完全分離プラン」とは何か?総務省「モバイルサービス等の適正化に向けた緊急提言」を読み解く

2019-03-13

2022年2月に一瞬復活の兆しを見せ,auのiPhone12 64GBを一括9,800円で2台MNPをしました。

auのiPhone12 64GBを一括9,800円で2台MNPしてきた話:リンクスメイトからの収支

2022-02-19

さらに2022年6月には,なんとドコモが喪明けでiPhone SE3を契約できました。

【2022年6月喪明け】ドコモの特価BL(特価ブラックリスト/要注意契約者)を確認する方法と解除まで

2022-06-25

しかしまあ,これが最後でしたね…。総務省の規制により22,000円引き制限がかかってさっぱりです。引退です。

というわけで,今回はあくまで自分が使う用の端末を最大限安く買ってきたという話です。

ゼロからのMNPするにはリンクスメイトがオススメ

今回は新規契約なので関係ないのですが,エディオンSIMなんかでもMNPがまだ有利なので,その場合はリンクスメイトをオススメします。

リンクスメイト(LinksMate)は最安のMNP弾!新規手数料無料&複数枚SIM申し込みがポイント

2022-02-13

何も手元にないところから回線を生み出すことが出来ます。

ドコモへのMNP
リンクスメイトはドコモ回線なので,ドコモへのMNPはできないと言われることがあります(現在はシステム的にはドコモ回線→ドコモもMNPできるはずなのですが…)。

ドコモへのMNPは,楽天モバイルb-mobile S 990ジャストフィットSIMなど等が良いと思います。

【最大24,000円分還元】楽天モバイルによる新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は3GBまで月額1,078円!

2022-07-03

【ドコモへのMNP弾】日本通信の「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」がドコモへのMNP最安!最低利用期間・解約金なしでMNPもOK

2022-03-07

支出を計算:新規契約なのでMNP弾は必要ありません

支出は大きく分けて2通りあります。支出1がMNP弾の補充,支出2が新たに契約した回線の維持費などです。

しかし,今回は新規契約なのでMNP弾は必要ありません。維持費だけ考えます。

ちなみに今回はMNPではなく,U22(22歳以下)などの条件も無しで新規契約でMNPと同等条件でした。これは全盛期にはなかった条件ですね。

Galaxy A53 5G(SC-53C)
端末代金(一括価格) ¥9,900
(定価59,400円
機種購入特典-27,500円
5G WELCOME割-22,000円)
契約事務手数料 ¥3,300
1ヶ月目ギガライト ¥798
2~6ヶ月目ギガライト ¥10,890
契約解除料 ¥0
支出計2 ¥24,888

さて,上記の表の計算内容についてですが,1ヶ月目のギガライトは日割りになります。2023年6月19日契約で計算しました。

そして,ギガライトは3,465円/月ですが,各種割引きが利きます。

  • ギガライト通常月額:3,465円
  • みんなドコモ割(3回線以上):-1,100円
  • dカードお支払い割:-187円
  • 割引き後月額:2,178円(税込)

上記の通りです。私は家族みんなドコモなので「みんなドコモ割(3回線以上)」が使えますが,ソロだと厳しいですね。

また,計算では6ヶ月契約することを前提にしました。ただ,最近はドコモは6ヶ月契約では厳しいのでは…という気もします(短期解約扱いでBLになる可能性も)。

契約解除料は基本的に0円になってます。ここは安心ですね。

ahamoを回す
維持費について今回は個人的には「ahamoを回す」という作戦を採ることにしました。
どういうことかというと,いま私はDSDV端末(例えばnano SIMとeSIMを同時利用)で,音声を昔からのdocomo番号SIM,データをahamoで運用しています。
したがって,1年以上使用しているahamo回線があるので,それを解約して今回新たに手に入れたギガライトをahamoに変更して使おうと考えています。
これだとギガライトの維持費が実質ないに等しいと考えることもできます。
また,今回はdカードGOLDクーポン(11,000円)も使用したので端末代金も0円にできました(余剰分の返金やP付与は無し)。

その他の条件

今回のその他の条件は下記の通りです。

  • ウィルスバスタークラウド(550円/月)2ヶ月

シンプルですね。ごちゃごちゃ付いてた昔がかえって懐かしいです。

ちなみにウィルスバスターは新規スマホではなく,既存スマホに入れてOKでした。その方が管理しやすくて助かります。

2ヶ月目以降の維持費

というわけで,2023年6月19日契約なので,6月残りの11日間の日割り分を計算すると,支出は先ほどの表の通りとなります。

翌月からは,ギガライトの2,178円(税込)(みんなドコモ割(3回線以上)適用)で,一般的にBL基準と昔は言われていた6ヶ月目まで最低でも維持する計算としました。いまのBL基準は全くわかりません

収入を計算:下取り分のキャッシュバックはその場で現金

今回,購入したGalaxy A53 5G(SC-53C)です。ホワイトです。

フィルム剥がされちゃいました!今回は自分で使うからいいんですけど,この辺も厳しくなりましたね…。

Galaxy A53 5G(SC-53C)の端末価値

あと,2023年6月19日時点のモバイル一番(通称:海峡)さんの買取価格を参考に,Galaxy A53 5G(SC-53C)の端末価値を36,000円で計算します。

以前と大きく違うのが「基本的に初期設定のために開封される」というのが基本となっていることですね。転売防止です。自分や家族で使うのが一番ですね。

あくまで端末価値の推定をしているだけで,端末の売却・転売を推奨しているわけではありません。ご了承ください。

エディオンの下取りで+10,000円

何回同じ画像使いまわすねん!と言われそうですが,上記を見てください。

Galaxy A53 5G(SC-53C)の一括9,900円は珍しくもない条件なのですが,なぜ今回エディオンでの契約を選んだかというと…

  • MNPではなく新規でもOKだったから
  • エディオンの下取り5,000円以上だとエディオンポイント+10,000円のキャンペーンがあったから

というわけです。どれぐらいで下取りされるのかわからなかったので,今回はドコモ版Galaxyを3台だしてみました。

  • Galaxy S20(SC-51A)最大下取り価格21,500円(ドコモ下取りプログラム良品18,000円)
  • Galaxy S10(SC-03L)最大下取り価格15,300円(ドコモ下取りプログラム良品8,000円)
  • Galaxy S8(SC-02J)画面割れのため買取不可(ドコモ下取りプログラム良品2,000円)

という簡易査定の結果でした。ドコモ下取りプログラムと比べても意外と良いですよね。特にSC-03Lはお得でした。

というわけで画面割れなしのSC-03Lを下取りに出して詳細査定をしてもらったところ…

なんと満額15,300円でした!

絶対に難癖付けられて半額ぐらいになると思っていたので嬉しかったです。

下取り15,300円は現金でいただき,さらにエディオンポイント+10,000円もらいました。

トータルの収入の計算をしてみます

それでは,収入の計算をしてみましょう。下取りだけではなく,クーポンなんかもないですから,単に端末が安く買えただけという感じです。

Galaxy A53 5G(SC-53C)
端末価値 ¥36,000
下取りボーナス ¥10,000
収入計 ¥46,000

収支を計算

今回はGalaxy A53 5G(SC-53C)の一括9,900円の新規契約です。

通常計算 もにもにたの感覚
支出計1 ¥0 ¥0
支出計2 ¥-24,888 ¥-3,300
収入計 ¥46,000 ¥46,000+¥15,300
最終収支 ¥21,112 ¥42,700+¥15,300

21,112円/台という結果になりました!もちろん,全盛期には及びませんが,「安く欲しい端末を買う」ということなら十分な成果です。

また,個人的には「dカードGOLDクーポン消化」「いらんスマホの処分」と「ahamoで回す」で維持費がないようなものなので,感覚的には(?)右のような計算でも良いと思います(妄想)。

2021年8月27日(金曜)以降に新たに発売される機種をご購入されるお客さまへ|NTTドコモ

auは2021年8月27日以降に発売された機種を購入した場合はSIMロックが設定されていないためSIMロック解除の手続きは不要です。この点は本当にありがたいです。

まとめ

もはや引退したケータイ趣味ですが,久しぶりに契約してみました。

  • 21,112円/台の利益

利益というか,24,888円(支出1+支出2)でGalaxy A53 5G(SC-53C)が買えた(+1万エディP)と考えるべきでしょうね。

まあ,6ヶ月維持は危ない気がしますので,もう少し維持すると目減りしますが,それでもお得です。

ただ,ケータイ料金の仕組みを知ることはケータイ料金節約術につながることを知っていただければと思い記事化しました。

クレジットカード発行などのポイント活動と比較し,「何円以上のメリットがあれば発行しても良いか?」と考えるといいですね。

これは,ケータイだけをやっていたときにはなかった視点です。ケータイ趣味と陸マイラー=ポイント活動は親和性があると思います。

【2024年3月】モッピー新規入会キャンペーンで最大2,000P(2,000円分)もらえる!JALマイルがザクザク貯まるモッピー

2024-03-01

【陸マイラー】月3万円の小遣い稼ぎ or ANAマイルを稼ぐ方法!副収入・副業としてのポイント活動!

2018-04-02

陸マイラー=ポイント活動に興味がある方は上記の記事もどうぞ!

ともあれ,本記事はあくまで私の体験談です。本ブログの読者さまが,本記事をどのように理解して活用するかは,それぞれの価値観であるかと思います。少しでもお役に立てば幸いです。

ドコモへのMNP
リンクスメイトはドコモ回線なので,ドコモへのMNPはできないと言われることがあります(現在はシステム的にはドコモ回線→ドコモもMNPできるはずなのですが…)。

ドコモへのMNPは,楽天モバイルb-mobile S 990ジャストフィットSIMなど等が良いと思います。

【最大24,000円分還元】楽天モバイルによる新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅶ」は3GBまで月額1,078円!

2022-07-03

【ドコモへのMNP弾】日本通信の「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」がドコモへのMNP最安!最低利用期間・解約金なしでMNPもOK

2022-03-07










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA