iPhone6以降のバッテリー交換は3,456円(税込)で可能!iPhone6 Plusの交換をしたら劇的改善!




【2018年12月まで】iPhone6以降のバッテリー交換は3,456円で可能ってご存じですか?

2017年12月28日に,米Appleは,iPhoneシリーズの旧モデルがiOSのアップデートをしたとき,意図的に動作速度を減速させたこと,およびそれを開示しなかったことについて正式に謝罪しました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、 お客様にお伝えしたいこと

このことをきっかけに,上記の通りAppleは,サポート外のiPhone(例えば中古で購入など)であっても,バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して3,200円(税抜)でのバッテリー交換をすると宣言しました。

バッテリー診断はおこなうものの,どんなiPhoneでもバッテリー交換をこの値段でしてくれます。通常は8,800円(税込)なので,73.7%OFFです。

もし,あなたがお持ちのiPhoneのバッテリーが,購入当初よりも少しでも「持ちが悪くなった」と感じるなら,バッテリー交換をオススメします。というわけで,今回,手持ちのiPhone6 Plusのバッテリー交換に実際に行ってきたのでレポートしたいと思います。

まずApple公式サイトで予約をします

iPhone の修理 – バッテリーと電源

まずは,上記のApple公式サイトからバッテリー交換を申し込んで下さい。基本的に予約制になります。

iPhone のバッテリーサービス料金

先ほども申し上げたように,2018年12月までは,通常8,800円のところ3,200円でバッテリー交換が可能です。iPhone6以降のモデルが対象です。

【対象モデル】
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X

iPhoneのバッテリー交換方法の選択肢

Appleの正規サービスプロバイダが,ものすごく遠いと「配送修理」という選択肢もあるかと思いますが,基本的には「持ち込み修理」が推奨されています。私も持ち込んでみました。

配送修理の場合は,指定の配送業者がすぐに集荷し。およそ1週間ほどで修理済みのiPhoneが届くそうです。そういえば,以前にiPadの配送修理をお願いしたときはそんな感じでした。

Apple公式から「持ち込み修理」を予約する

「持ち込み修理」を選択すると,現在地か郵便番号検索で近隣の修理スポットを上記のように地図で表示してくれます。さらに左側のリスト部分に青字で「来週日曜日(15:50)に予約可能」のように予約可能時間帯がサジェストされます。

これは,Appleストア表参道店を選んだ画面です。このように,予約可能であれば5分刻みで時刻が表示されます。

ここでのコツは,希望する時間帯がないときにはマメにこの画面をチェックするということです。リアルタイムで予約状況が反映されているようで,何度もチェックしていると,キャンセルが出るのかひょっこり希望の日時が現れたりします。あきらめないでください。

また,バッテリー交換はAppleストアだけではなく,カメラのキタムラ,ビックカメラ,クイックガレージ(ヨドバシカメラ内)などでも可能です。一度,検索してみてはいかがでしょうか?

iPhone の修理 – バッテリーと電源

クイックガレージ梅田(ヨドバシカメラ梅田店4階)に行ってきました

というわけで,私の場合はクイックガレージ梅田の予約が取れましたので,行ってきました。クイックガレージ梅田は,JR大阪駅直結のヨドバシカメラ4階にあります。

エスカレーターで4階に上がると,「アップル修理サービス クイックガレージ」という看板がありました。エスカレーターを下りて右ですね。

ありました!ここですね。ヨドバシカメラの修理センターとも隣接していますが,アップルマークのあるクイックガレージの方ですのでお間違いのないように。

iPhoneのバッテリー交換はわずか7分で終了

予約10分前ぐらいに着いてしまいましたが,何の問題もなく受付に通されました。持参したiPhone6 Plusを出します。バッテリー交換でデータが消えることはほぼないそうですが,必ず修理に出す前にiTunesかiCloudでバックアップを取っておきましょう。

iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法 | Apple

早速,上記のような書類を記入しながら,MacにiPhoneをつないでバッテリー診断をしてもらいました。このiPhone6 Plusは,中古で買ったものなのですが,2015年10月6日で保証が切れているようですね。それでも大丈夫です。

かなりへたっているという印象だったのですが,診断結果は72%とのこと。意外とマシなんですね。ただ,80%未満の場合は「バッテリー消耗」と診断されるそうです。

なお,2018年12月までは,バッテリー消耗と診断されなくても,3,456円(税込)でバッテリー交換をしてもらえます。

バッテリー交換の作業に入る前に,作業によってデータが消える場合があることなどへの同意事項をチェックして署名します。

店員さんが店の裏にiPhoneを持って行きます。結構かかるかな…と覚悟をしていたのですが,上記の修理報告書をご覧ください!診断が16:35,修理完了が16:42とわずか7分でした。ほんと,あっという間でした。

かかった修理代金は,上記画像の右下にあるように,部品代合計600円+技術料2,600円=3,200円×1.08(消費税)で,3,456円でした。交換部品(バッテリー)については,修理完了後から90日間の保証も付きます。

もう一度,Macにつないでもらって,先ほど72%だったバッテリー消耗度が100%になったのを確認しました。

まとめ

思った以上に手軽に,そしてお安くバッテリー交換をすることが出来ました。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、 お客様にお伝えしたいこと

冒頭でも述べたように,2018年12月までは,ドコモ・au・ソフトバンクで買おうが,中古で買おうが,海外で買おうが,とにかくiPhone6以降のバッテリー交換を3,456円(税込)でやってもらえます。

本記事で紹介したように,Apple公式サイトから手軽に予約でき,修理時間もほんと一瞬です。にもかかわらず,バッテリー交換をしたiPhoneは本当に驚くほどバッテリー持ちがよくなりました。72%→100%とのことですが,体感的には何倍にも伸びたように感じます。

iPhone の修理 – バッテリーと電源

これはとてもオススメできます!「そういえば,最近,iPhoneのバッテリーの持ちが悪いんだよな…」と感じている方は,ぜひバッテリー交換をしてみて下さい。驚くほど快適になりますよ!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA