dポイント投資で通常dポイントの有効期限を更新する方法!dポイントを延命・延長できる




dポイント投資は手軽にdポイントで投資体験ができる

2018年5月16日から始まったdポイント投資は,dポイントクラブの会員であれば手軽にdポイントで投資体験が可能です。

dポイント投資を始めるには,下記のボタンから進み,dアカウントとパスワードを入力して規約に同意すればOKです。本当に気軽にはじめられますね。

増減するのはdポイントで,いつでも「追加」「引出」が可能です。上記のようなイメージで追加したり引き出したり出来ます。

dポイント投資は100ポイント以上から100ポイント単位で可能です。 交換(追加)できるポイント数の上限は,1回あたり99,900ポイントです。

繰り返し何回でも可能ですので,1日あたりの投資額は無制限です。

dポイント投資では「おまかせ運用」と「テーマで運用」が選べます

dポイント投資では「おまかせ」と「テーマ」が選べます。「おまかせ」と「テーマ」は、同時に運用できます。

利用可能なのは通常ポイントのみで,期間・用途限定ポイントは利用不可です。残念。手数料は無料ですので,気軽に試せますね。

「おまかせ運用」はアクティブコースとバランスコースがあります

「いまかせ運用」のコースにはアクティブコースとバランスコースがあります。

  • アクティブコース:「グロース」と「インカム」が80:20の資産配分となります。
  • バランスコース:「グロース」と「インカム」が45:55の資産配分となります。

株式と債券の比重を変えることによって,高いリターンか安定したリターンを選べるようにしているわけですね。なるほど。

【注意】コース変更をすると注文が反映されるまで(「おまかせ運用」だと当日18時まで)追加・引出・コース変更不可

注意して欲しいのが,コース変更をすると注文が反映されるまで(「おまかせ運用」だと当日18時まで)追加・引出・コース変更不可となるという点です。

繰り返し追加をおこなう際などに,途中で思いついてコース変更をすると,その後の追加ができなくなるのでご注意ください。

「テーマで運用」は5つのテーマから選べます

「テーマで運用」は上記の5つの分野に集中して投資するコースです。

テーマ名 当社指定運用会社 連動対象ETF
日経平均株価(日経225) 野村アセットマネジメント株式会社 日経225連動型上場投資信託
新興国 ブラックロック・ジャパン株式会社 iシェアーズ・コア MSCI エマージング・マーケット
コミュニケーション iシェアーズ グローバル コミュニケーションサービス
生活必需品 iシェアーズ グローバル生活必需品
ヘルスケア iシェアーズ グローバル・ヘルスケア

具体的には上記のようなETFを投資の対象にするということになります。

現在のdポイント投資の仕組み

【重要なお知らせ】ポイント投資の機能追加及び一部機能の変更について|dポイント投資

dポイント投資は2019年6月23日に大幅なシステム変更がされました。

① ポイントの追加/引出、コース変更の注文反映タイミングを変更いたします。

◆ 注文反映タイミング
変更前:即時反映
変更後:おまかせ・テーマ(日経225) ⇒ 当日18時頃
テーマ(日経225以外) ⇒ 翌営業日18時頃

dポイント投資では17時にポイントが増減し,注文反映が「当日18時頃」となっています。

② 1日に追加可能な運用ポイント数の制限を廃止します。ただし、1回に追加できるポイント数の上限は、99,900ポイントとなります。

ただ,2019年6月23日のシステム改変により,運用ポイントの出し入れ制限は撤廃されました。

ここがdポイントの有効期限延長ワザのキーポイントになります。

dポイント投資に預けるとdポイント(通常)の有効期限延長が可能

もう一度先ほどのdポイント明細を見てください。ここで注目して欲しいのは,右下の「有効期限」です。

2023年10月31日になっています。dポイントの有効期限は獲得した月から起算して48か月後の月末までです。

ということは,2019年11月13日に獲得した(引き出した)ポイントとして期限が設定されていることになります。

このdポイント(通常)は,2019年11月12日に預け入れたdポイントです。

この019年11月12日に預け入れたdポイントは,もっとも早い失効日である「2022年12月31日」だったはずです。

つまり,dポイント投資にdポイント(通常)を預け入れると,有効期限の延長が可能ということになります。

ただし,dポイント投資に1日でも預けたことによる増減は保証できません。この点はご了承ください。

dポイント投資には,dポイント(期間・用途限定)が使えないため,dポイント(通常)しか有効期限延長ワザは使えません。

そもそも,dポイント(通常)は,48ヶ月と有効期限が長いので,あまり出番のないワザかもしれません。

しかし「dポイントを貯め込みすぎて失効したらどうしよう…」と考えている人にとっては,知っておいて損はないかと思います。

まとめ

  • dポイント(通常)は1回99,900ポイントずつ1日無制限に追加可能
  • 追加したdポイント(通常)は,引き出すと引き出したタイミングで獲得したことになる
  • 結果としてdポイント(通常)の有効期限が延長!

dポイントが増えすぎても,有効期限に追われて困るな…とお考えの方もいるかもしれません。

【2019年最新】dポイント20%増量キャンペーンが今年も来た!ドットマネー上限なしに注目!

2019-11-12

特に上記のdポイント20%増量キャンペーンをお考えの場合はなおさらかもしれません。

そんな方には,現在のdポイント投資の仕組みが変わらない限り,dポイント(通常)の有効期限が延長できるというのは知っておいて損はないでしょう。

本記事を読んで,すぐにでもdポイント投資を始めてみよう!と思われた方は,早速下記からどうぞ。

【過去の記録】dポイント投資を始めて1ヶ月の成果報告&その後に発見した「負けない後出し運用テクニック」を公開

2018-06-17

dポイント投資と言えば,昔はいろいろあったんですよ…という昔話は上記をどうぞ。

THEO+ docomoユーザー限定でdショッピング20%ポイントバックキャンペーン!

2019-11-09

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)でTHEO+ docomoの手数料が最大35%OFF!

2019-10-09

dポイント投資の兄弟分にあたるTHEO+ docomoに関しては,上記の記事もどうぞ。THEO+ docomoはdポイントではなく現金を運用します。

dポイント投資の元になるdポイントを貯める方法・使い道は下記の記事をどうぞ!50%交換ですが,JALマイルにも交換できますよ!

dカード GOLDはドコモユーザーは持たなきゃ損!メリット・デメリットのまとめを実体験に基づき紹介

2018-04-07

dポイントの貯め方・使い方を解説します!dポイントを貯めるためのカードやお得な活用方法のまとめ

2017-12-17

ドコモを持っていて,dポイントを貯めるならdカードGOLDも必須です!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA