THEO Color Palette(テオ カラーパレット)でTHEO+ docomoの手数料が最大35%OFF!




THEO Color Palette (テオ カラーパレット)でTHEO+ docomoの手数料が最大35%OFF!

THEO+ docomo|NTTドコモ

ドコモユーザーでdカードGOLDをお持ちの方は,THEO Color Palette (テオ カラーパレット)でTHEO+ docomoの手数料が最大35%OFFになります。

どうせ積立をするなら,手数料がおトクになるに越したことはないですよね。

お客さまのご利用状況に応じて、通常1.00%(税別・年率)の手数料を最大0.65%(税別・年率)まで引き下げ、お客さまの長期的な資産形成を後押しします。
「THEO+ docomo」では、2019年7月から「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」を導入しており、2019年11月から新手数料が適用されます。

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)の対象ユーザー

対象ユーザー

dカードGOLD会員の方
※対象期間初月よりGOLD会員である必要がございます。
※dカードGOLDをお持ちでない方はホワイトの適用となります。

とりあえず,THEO Color Palette(テオ カラーパレット)対象ユーザーになるには,dカードGOLDが必須です。ドコモユーザーなら必ず持っておきたいクレジットカードです。

dカード,dカードGOLDの魅力については,下記の記事で徹底解説をしています。よろしければどうぞ。

dカードが年会費永年無料に!「dカードお支払割」で契約解除料が無料に

2019-10-01

dカード GOLDはドコモユーザーは持たなきゃ損!メリット・デメリットのまとめを実体験に基づき紹介

2018-04-07

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)のカラー適用条件

カラー適用条件

  1. 対象期間内に出金がないこと
  2. 毎月、通常積立(1万円以上)をしていること※
  3. おつり積立を設定していること(詳細はコチラ
    1,2,3のいずれかを満たさない場合は、次回のカラーはホワイトとなります
    ※各月内に積立が行われたかどうかの判定は、引落し日を基準とします。THEO口座への入金が翌月になった場合でも、当月(お客さまの口座から引落しがあった月)の実績となります。

そして,THEO Color Palette(テオ カラーパレット)の割引を受けるには,上記の3つの条件が必須となります。

1,2,3のいずれかを満たさない場合は、次回のカラーはホワイトとなりますのでご注意ください。

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)の概要

「カラー基準額」とは,運用開始から対象期間内の各月末までの入出金総額の平均です。

運用開始から対象期間内各月末までの入出金総額(入金総額 – 出金総額)を足して3で割った金額
[例] 対象期間Aの場合:(運用開始から4月末までの入出金+運用開始から5月末までの入出金+運用開始から6月末までの入出金)÷ 3

3ヶ月分の入出金総額を3で割ってカラー基準額を求めます。

対象期間

・ カラー判定期間
A(4月、5月、6月)、B(7月、8月、9月)、C(10月、11月、12月)、D(1月、2月、3月)の4期間
・ 新手数料適用期間:判定期間最終月の翌々月より3ヵ月
例:カラー判定期間B(7月、8月、9月)の場合、新手数料の適用期間は11月、12月、1月となります。

上記のように,4~6月・7~9月・10~12月のように3ヶ月ごとの期間でカラー基準額が判定されます。

レッド=35%OFFの1,000万円以上はハードルが高いですが,イエロー=30%OFFの100万円以上なら十分にクリア可能な数字ですね。

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)の注意事項

●当プログラムは事前の予告なしに中止・変更される場合があります。

●以下の場合、当プログラムによる手数料割引の対象外となります。
・名義貸しや名義借りが判明した場合
・手数料割引時点で口座解約手続きがされている場合
・対象期間中1度でも出金した場合
・対象期間中残高不足や期間中に積立設定をOFFするなどして、積立によるご入金が行われなかった場合
・対象期間中にdカードGOLDを解約した場合(強制解約なども含みます)
・対象期間中にdカードおつり積立設定を解除した場合

●各月内に積立が行われたかどうかの判定は、引落し日を基準とします。THEO口座への入金が翌月になった場合でも、当月(お客さまの口座から引落しがあった月)の実績となります。

(例)2月26日に積立の引落しがあり、THEO口座への入金が3月1日になった場合でも、この積立は2月の実績となります。

●残高不足等の理由により、積立の引落しに失敗した場合は、積立が行われていないとみなします。

●入金は各対象期間最終日の15:00までに株式会社お金のデザインにて着金の確認ができた資金を対象とします。

●インターネット環境やご利用の金融機関の状況等によって、着金の確認まで時間がかかることがありますので余裕を持ってお振り込みください。

THEO Color Palette(テオ カラーパレット)のカラー適用条件となっている「毎月、通常積立(1万円以上)をしていること」の判定は,引落し日が基準となります。

THEO口座への入金が翌月になった場合でも,当月(口座から引落しがあった月)の実績となります。

まとめ

THEO+ docomo|NTTドコモ

ドコモユーザーでdカードGOLDをお持ちの方は,THEO Color Palette (テオ カラーパレット)でTHEO+ docomoの手数料が最大35%OFFになります。

どうせ積立をするなら,手数料がおトクになるに越したことはないですよね。

手順はご理解いただけましたでしょうか?これを機会に投資についても勉強をはじめてみる良い機会かと思います。

読者Aさん
0.35%とか細かいなぁ。なんか投資とか危険そうだし。

と,おっしゃる方がいるかもしれませんが,THEO+ docomoのようなロボアドバイザー運用は1.0%の手数料はどこもかかるのが一般的です。

その手数料が,0.65%で済むというのは投資では本当に大きいんです。コツコツ長期的に積み立てていく場合は特に。

ドコモ関連の投資といえば,2018年下半期から2019年上半期までの話題になったのがdポイント投資ですね。いまは有利な点は改悪されてしまいましたが,過去のお得情報の読み物としてどうぞ。

【過去の記録】dポイント投資を始めて1ヶ月の成果報告&その後に発見した「負けない後出し運用テクニック」を公開

2018-06-17

ちなみにドコモを持っている方はdポイントを貯めましょう!dポイントを貯めるならdカードGOLDも必須です!











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA