ドコモをお使いの方が海外でそのままスマホを使う方法まとめ!パケットパック海外オプションのキャンペーンも




ドコモをそのまま使ってもだいぶ安く使える時代に

上記の画像をご覧ください。これは少し前まで主流だったドコモの「海外パケ・ホーダイ」です。データ使用量によって二段階のプランにはなっているものの1,980円の制限は,なんとわずか約24.4MBです。いまのスマホだと一瞬でオーバーしてしまいます。

ということは,実際には2,980円/日もかかるわけです。5日間の旅行なら約15,000円……高いですよね。

以前は私も海外ではSIMフリースマホ現地SIMを使っていました

というわけで,私は海外に渡航するときは,SIMフリースマホを持参して,海外で現地SIMを購入して使っていました。下記の記事などに体験談を書いています。

ニューヨーク市内でSIMカードを安く入手しました!JFK空港で買うと割高!ハワイ含むアメリカ旅行の準備に

2017.09.11

インドネシア・バリ島の町中でTELCOMのsimPATIのSIMカードを安く調達できた話

2016.09.09

香港空港で中国移動のSIMを買ってみた!5日間1.5GBで48香港ドル(約650円)

2016.07.16

渡航する国にもよりますが,安ければ1週間でも1,000円を切る価格は魅力です。その反面,SIMカードを入手するのに苦労したり,SIMカードを差し替えて設定をしたりということで,結構苦労します。まあ,それも旅の醍醐味の一つでもありますが…。

「パケットパック海外オプション」の開始が画期的

それが,2018年3月15日からドコモは「パケットパック海外オプション」を始めました。これが始まって,「お,これならドコモをそのまま使ってみようかな」と初めて思えるようになりました。

以前にも「海外1dayパケ」という980円~1,580円/24時間で使える安いプランがあったのですが,わずか30MBで速度制限がかかるという嬉しくない仕様でした。日本でのパケットパック容量まで使える「パケットパック海外オプション」の開始は画期的だと言えます。

というわけで,プランとしては「ドコモをそのまま使う」に適した状況になっている2018年ですが,プランは複数あり複雑で入り組んでいます。本記事では,「ドコモをお使いの方が海外でそのままスマホを使う方法まとめ」をわかりやすく紹介していきたいと思います。

ドコモのスマホを海外でそのまま使うには

海外でパケット定額サービスを使う|NTTドコモ

ドコモが作成した上記のフローチャートが参考になると思います。まず,渡航先がパケット定額サービスかどうかですが,なにしろ205の国と地域をカバーしていますので日本人の一般的な渡航先であればほぼ問題ないと思います。詳しくはこちらからお調べください。

次に,「パケットパック」「パケ・ホーダイフラット」および「SPモード契約」については,日本で普通にドコモのスマホを使っている人はまず入っています。問題ありません。

最後に,「日本で契約しているパケット定額サービスのデータ量を海外でも使いますか?」という質問が,「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の分け目になります。断然,「パケットパック海外オプション」がオススメです。理由はこのあと説明していきます。

「要申し込み」プランと「申し込み不要」プランがあるのが最大の罠

2018年現在,ドコモの海外パケット定額サービスは3種類です。

  • パケットパック海外オプション:申し込み必要
  • 海外パケ・ホーダイ:申し込み不要
  • 【新規申込終了】海外1dayパケ:契約中の方のみ利用可能

「海外1dayパケ」にはもう新たに申し込むことはできませんので,事実上は2種類と言っていいですね。

先ほども述べたように,オススメは断然「パケットパック海外オプション」なのですが,ここで大切なのはオススメの「パケットパック海外オプション」は申し込みが必要で,「海外パケ・ホーダイ」は申し込み不要という点なのです。海外で知らずに「お,使えるじゃん」と使ってしまうと「海外パケ・ホーダイ」になってしまうのです。ここが最大の罠です。

「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の比較

パケットパック海外オプション 海外パケ・ホーダイ
申し込み 必要 不要
必要なプラン 国内の「パケット定額サービス」
および「WORLD WING」
国内の「パケット定額サービス」
および「WORLD WING」
料金 980円/24時間 1,980~2980円/日
利用時間 利用開始から24時間 日本時間0時~23時59分59秒
利用開始操作 データローミングを
「オン」にする&
ドコモ海外利用アプリ
または
専用WEBサイト
アクセスして利用開始
データローミングを
「オン」にするだけ
速度制限 契約中のパケットパック
データ容量まで
なし

「パケットパック海外オプション」と「海外パケ・ホーダイ」の比較を表にすると上記のようになります。なんといっても重要なのは,「パケットパック海外オプション」は申し込みが必要だということです。

「パケットパック海外オプション」はアプリの利用が必要

また,もう一つのポイントは,「パケットパック海外オプション」は上記のような「ドコモ海外利用アプリ」をインストールして,自分で利用状態を管理する必要があることです。アプリのダウンロードは下記からどうぞ。

ドコモ海外利用アプリ|NTTドコモ

「え,なんかめんどくさそう」と思われたかと思いますが,こちらの方が課金状態が自分で確認できて便利です!「海外パケ・ホーダイ」は,滞在国にかかわらず日本時間の0:00~23:59:59なので,無駄が多いです。

つまり,「パケットパック海外オプション」なら,自分の好きなタイミングでアプリを使って24時間を開始させられるのです。逆にメリットと言えます。しかも,利用開始から24時間後に自動的にストップするので無駄遣いも防げます。

ちなみに,万が一渡航先がパケット定額サービス対象外の国や地域だった場合は,アプリで赤く表示して警告してくれます。この状態で使うと莫大なパケット料金を請求される可能性が高いので,絶対にやめましょう(いわゆるパケ死)。

データ容量制限についてはどちらも事実上「なし」

すでに新規受付を終了している「海外1dayパケ」は,韓国・アメリカなら980円/24時間からというと安さでしたが,データ容量をわずか30MB利用すると速度制限がかかるというものでした。これでは使い物になりません。

したがって,以前は高くても「海外パケ・ホーダイ」を利用するしか方法がなかったのですが,いまは「パケットパック海外オプション」があります。

「海外パケ・ホーダイ」は,まったくデータ容量制限「なし」です。「パケットパック海外オプション」は,日本国内で利用しているパケット定額サービスの容量がある限りは速度制限がかかりませんので,事実上はデータ容量制限「なし」と言えるでしょう。日本にいてもデータ容量は使いますしね。

いまなら「パケットパック海外オプション」で「キャンペーン料金プラン」も選べる

いまなら,「パケットパック海外オプション」の標準料金プラン(980円/24時間)に追加して,15の国・地域に限ってではありますが,キャンペーン料金プランも利用できます。

キャンペーン期間:2018年7月20日(金)12:00 ~ 2018年9月30日(日)24:00〈日本時間〉

キャンペーン料金プランは,1時間プラン~7日間プランまでの4種類

「パケットパック海外オプション」の標準料金プランだと,24時間に限定されてしまうのに対し,「キャンペーン料金プラン」だと1時間プランから7日間プランまで幅広く選べるのが良いですね。

特に1時間プランは「特に渡航先で普段はインターネットは必要なんだけど…」という方が臨時的な用事で使うのに適していますね。

3日間・5日間・7日間プランは,旅行の期間に合わせて使うことで節約にもなりますし,アプリで継続をいちいちしなくてもずっとそのまま使えるという点もいいですね。

キャンペーン利用プランが使える15の対象国・地域はこちら

  • アラスカ
  • グアム
  • サイパン
  • ハワイ
  • 韓国
  • 中国
  • 香港
  • インドネシア
  • タイ
  • マカオ
  • オーストラリア
  • イギリス
  • 中南米 プエルトリコ
  • 米領バージン諸島

割と日本人の主要な渡航先はおさえられているのではないでしょうか。ただ残念ながら,台湾がないですね…。あと,シンガポールやマレーシア,ニュージーランドがないのもネックですかね。

「パケットパック海外オプション」を利用するとdポイントがもらえる

ついでにこんなキャンペーンもやっています。申し込みは不要で,利用ごとに付与されます。dポイントは進呈対象月の翌々月以降に進呈されるのですが,残念ながらもらえるdポイントは期間・用途限定ポイントとなり,有効期間は進呈月を含め3か月間です。でも,ありがたいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドコモの「パケットパック海外オプション」が登場したことで,SIMフリースマホと現地SIMの組み合わせではなく,私自身も渡航国によってはこちらを使う機会が増えそうです。もちろん,現地SIMの方が断然安い!という国もまだまだあるでしょうが…。

というわけで,断然オススメ「パケットパック海外オプション」を使う場合の注意点は下記の2点です。

  • 要申し込み(こちらからどうぞ)
  • アプリのインストールとアプリでの利用開始手続きが必要

アプリはめんどくさく感じるかもしれませんが,自分の好きなタイミングで24時間のカウントをスタートさせられるというメリットもあります。しかも,24時間後に自動的にストップするので無駄遣いもふせげます。

もにもにた
ドコモを使っている人が海外で使うなら「パケットパック海外オプション」が断然オススメ!

本記事をまとめると,まさにこれに尽きますね。お役に立てましたでしょうか?

ドコモをお使いの方に耳寄りの情報!

ドコモをお使いならdポイントをうまく貯めて,スマホ料金の節約につなげることをオススメします!dポイントの貯め方・使い方は下記の記事で詳しく解説しています。

dポイントの貯め方・使い方を解説します!dポイントを貯めるためのカードやお得な活用方法のまとめ

2017.12.17

また,ドコモをお使いの方には,dカード GOLDを強烈にオススメします。ドコモの利用料金に対して,いつもの10倍dポイントが貯まるだけでなく,万が一スマホを破損した場合の補償も充実しています。くわしくは下記の記事をどうぞ。

dカード GOLDはドコモユーザーは持たなきゃ損!メリット・デメリットのまとめを実体験に基づき紹介

2018.04.07










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です