OCNモバイルONE真夏のスマホ大特価セール!980円最低利用期間・違約金なし




OCNモバイルONE真夏のスマホ大特価セール

OCN モバイル ONE

2020年8月3日~8月17日の期間で,OCNモバイルONE真夏のスマホ大特価セールがおこなれています。

1円端末はarrows M05とOPPO A5 2020の2機種

まず1円端末の2機種です。

  • arrows M05
  • OPPO A5 2020

なんといっても,端末代金1円が魅力です。必要経費を計算してみましょう。

  • 端末代金:1円
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円
  • 計:3,734円

上記の計算は税込です。めちゃくちゃ安いですね!

ただ,そんなにうまい話はありません。確かに新コースは違約金は0円なのですが,短期解約をするとOCNブラックとなり,次回以降の契約ができなくなる可能性が高いです。

音声対応SIMカードには、お申し込みを承諾した日を含む月を1カ月目として利用コースごとに最低利用期間があります。最低利用期間中に音声対応SIMカードを解約される場合、解約違約金がかかります。

  • 新コースの場合:最低利用期間なし、解約違約金なし
  • 新コース以外の場合:最低利用期間6か月、解約違約金1,000円(不課税)

本サービスを解約した場合、音声対応SIMカードから、他のSIMカードへ変更した場合も同様です。MNP転出の場合はMNP転出手数料が別途かかります。

上記のように,旧コースでは最低利用期間が6ヶ月に設定されていました。恐らくは新コースでも6ヶ月は契約しておかないと危ないです(実際にどうかは不明です。OCNさんにしかわかりません)。

  • 端末代金:1円
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円
  • 月額料金6ヶ月分:1,298円×6=7,788円
  • ユニバーサルサービス料金6ヶ月分=3円×6=18円
  • 計:11,540円

そうなると,そこそこの金額になってしまいますね…。ただ,6ヶ月間使える予備のSIMができるので良いという考え方もあると思います。

新発売のTCL 10 LiteとMi Note 10Liteもオススメ

新発売のTCL 10 LiteとMi Note 10Liteもオススメです。MNPで5,000円OFFになります。

  • 端末代金:14,410円 or 22,330円(税込)
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円

基本的な必要経費(税込)は同じです。

  • 端末代金:14,410円 or 22,330円(税込)
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円
  • 月額料金6ヶ月分:1,298円×6=7,788円
  • ユニバーサルサービス料金6ヶ月分=3円×6=18円

ただ,6ヶ月契約した方が無難かと思いますが…。

こちらの2機種は,上記の二つの条件を満たすと8,000円OFFになります。

中古のiPhoneもあります

どうしてもiPhoneがいい!という方には,中古のiPhoneもあります(少しお高いですが新品もあります)。

  • 端末代金:1円~(iPhone SE初代)
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円

基本的な必要経費(税込)は同じです。

  • 月額料金6ヶ月分:1,298円×6=7,788円
  • ユニバーサルサービス料金6ヶ月分=3円×6=18円

ただ,6ヶ月契約した方が無難かと思いますが…。

OCNモバイルONEは980円最低利用期間・違約金なし

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは,OCN光がなくても,1,298円(税込)/月で音声対応SIM(データ容量1GB)が使えます。

ちなみに,OCN光ありなら1,078円(税込)/月です。

しかも,最低利用期間・違約金なしというのが大きいです!気軽にSIMフリーのセール端末が手に入る大チャンスとなっています。

最低利用期間・解約違約金については上記の通りです。

初期契約解除制度とは

新コースは最低利用期間・解約違約金なしと言いつつも,「初期契約解除に伴う端末価格はこちら」という記載もあり,気になるところです。

OCNの初期契約解除制度とは,「OCN会員登録証またはお申し込み内容のご案内をお客さまが受領した日」もしくは「音声対応SIMカードを受領した日」のいずれか遅いほうから起算して8日以内に解約する制度です。いわゆるクーリングオフ制度ですね。

これで端末を持ち逃げされてはかなわない!ということで,この制度を使う場合に限り,端末を定価販売価格に設定しているというわけです。

したがって,普通に使う方には関係がない制度ということになります。


まとめ

OCN モバイル ONE

2020年8月3日~8月17日の期間で,OCNモバイルONE真夏のスマホ大特価セールがおこなれています。

SIMフリー端末がお安く手に入るチャンスです。

  • arrows M05→一括1円(税抜)
  • OPPO A5 2020→一括1円(税抜)
  • TCL 10 Lite→一括13,100円(税抜)※MNPで5,000円OFF
  • Mi Note 10Lite→一括20,300円(税抜)※MNPで5,000円OFF

必要経費の計算方法は2種類あります。

  • 端末代金:1円
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円
  • 計:3,734円

1円端末の場合,最安だとこちらになりますが,OCNブラックになり,OCNで契約できなくなる可能性があります。

  • 端末代金:1円
  • 初期手数料:3,300円
  • SIMカード手配料:433円
  • 違約金:0円
  • 月額料金6ヶ月分:1,298円×6=7,788円
  • ユニバーサルサービス料金6ヶ月分=3円×6=18円
  • 計:11,540円

これまでの傾向だと,新コースでも6ヶ月契約した方が無難です。SIMを使いたおしましょう!

ドコモ,au,ソフトバンクという大手キャリアにとらわれることなく,格安SIMをうまく利用して携帯料金を節約しましょう!













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA