リモワ(RIMOWA)車輪のネジを締めるドライバー:四輪マルチホイールタイプの場合




四輪マルチホイールタイプのリモワ(RIMOWA)車輪のネジは特殊

いきなりですが,四輪マルチホイールタイプのリモワ(RIMOWA)をご愛用のみなさま,車輪のネジを締め直したことはありますか?上記の写真の「このネジ」ですが,実はこのネジ,ヘクスローブ(登録商標名はトルクス)タイプという六角形の星形の特殊なネジで,普通のプラスドライバーやマイナスドライバーでは締められません。

ネジを締めるときの力の伝達効率が高く,ネジ山がなめにくい(つぶれにくい)という特色があるそうなんですが,そんな特殊なドライバーは普通は持っておらず,正直,困りました。

四輪マルチホイールタイプ33Lのクラシックフライトを愛用しています

1泊~3泊程度であれば,国内でも海外でもこれ一つで出かけるぐらい33Lのリモワ(RIMOWA)クラシックフライトを愛用しています。確かに少しお高いですが,私は楽天お買い物マラソンをうまく利用して実質的に格安で入手しました。楽天お買い物マラソンについては下記の記事をどうぞ。

楽天お買い物マラソンを完走してみて学んだ攻略法!大きな買い物がある人が最適!ふるさと納税もオススメ

私がリモワ(RIMOWA)を購入したのは下記のお店です。日本国内で購入するのであれば,もらえる楽天スーパーポイントを考えるとかなり安いのではないでしょうか。ドイツのフランクフルト空港まで買いにくい方にはかないませんが…。

四輪で転がすときは問題ないのに,二輪で引っ張るとゴロゴロ異音が…

さて,リモワに限らず,スーツケースを使われる方ならわかると思いますが,四輪タイプの場合は転がすときと引っ張るときがあります。そして,私は四輪で転がしたときは問題がないのに,二輪で引っ張るとガリガリガリと強い異音が鳴るようになりました。

そして,リモワの車輪を見てみると,ネジが緩んで飛び出している状態でした。なるほど。

確かにこれだと上記のように,斜めにして引っ張るときに,角度が付くとゆるんで飛び出しているネジが地面に当たります。そりゃあ,ガリガリ音がしますよね…。

リモワ(RIMOWA)にヘックスグローブドライバーは付属していません

というわけで,リモワの車輪のネジを締めようとしたら,冒頭で挙げたヘクスローブ(トルクス)タイプという六角形の星形の特殊なネジで困ったという話に至ります。

リモワを購入したときの付属品に,ヘクスローブタイプのレンチが付属してたっけ?と探したのですが見当たらず,ネットでも調べてみたのですが,どうも付属はしてないようです。困りました。

でも調べてみると,へクスローブドライバーって,普通にホームセンターでも売ってるんですね。Amazonでも上記の通り,販売していてわたしが購入したときは648円だったので,今後のために購入しました。

リモワの車輪のネジを締めるのに必要なのは,へクスローブドライバーT型のT20×100というタイプになります。

Amazonには,リモワの四輪マルチホイールタイプに使えるゆるみ止め付きステンレスネジというのも販売しているようです。これに交換すれば,普通のドライバーでも回せるようになるので,海外旅行などでは便利かもしれません。純正品じゃないパーツに代えることに抵抗がない方はこれも選択肢ですね。

まとめ

四輪のうちの一つが外れてしまうとかなり不便ですよね。しかも,海外旅行中だとこんな特殊なドライバーはなかなか入手は難しいと思います。高級ホテルでも,「へクスローブドライバープリーズ」でサッと出てくる気がしません。

リモワ(RIMOWA)オーナーには,へクスローブドライバーは必需品です。海外旅行前には,必ず増し締めするクセを付けましょう。それこそ,リモワにこのへクスローブドライバーを放り込んでおくというのも一計かもしれません。

海外で一輪はずれたリモワを引きずる苦労を思うと,車輪のネジの増し締めは,備えあれば憂いなしですね。ぜひお気をつけください。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA