Google PayにSuicaとWAONが追加!ポレット(プリペイドカード)からもチャージ可能を検証済み




Google PayにSuicaとWAONが追加

2018年5月24日に,Google PayにSuicaとWAONが新規追加されました。とりわけSuicaについては待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

あとで詳しく説明しますが,Google Payは独自にSuicaやWAON(既存の楽天Edy,nanaco)を扱うものではなく,Android上のFeliCa(フェリカ)からSuicaやWAONなどの情報を取得して一つのアプリでの操作にまとめるものです。

しかし,Suicaが追加されたことで,Google Pay上でチャージが可能になり,

  • 1円からクレジットカードチャージが可能になった
  • どんなクレジットカードからでもチャージ可能になった
  • したがってモバイルSuica年会費がかからない

という素晴らしいメリットがあります。ただし,定期券購入については引き続きモバイルSuicaアプリが必要な点はデメリットでしょうか。

ただし,Google Payを使うには,おサイフケータイ機能が必須です。Google Payはソフトなのでハード面の限界は超えられません…。

さっそくGoogle PayアプリをインストールしてSuicaを入れてみました

さて,さっそくGoogle Payアプリを手持ちのAndroid(Xperia XZ1 Compact)にインストールしてみました。

そうすると,確かにSuicaとWAONが選べるようになっています。私のXperia XZ1 Compactには,WAONは入っていませんでしたので,Suica,nanaco,楽天Edyが追加可能な状態でした。

特にモバイルSuicaアプリのユーザーインターフェースは,スマホ時代になってもガラケー時代のデザインのままで古くさかったので,Googleの洗練されたデザインで使えるのは嬉しいです。

というわけで,さっそくSuicaを追加します。上記のようにGoogle PayとしてもSuicaの追加はイチオシの模様です。

というわけで,Google PayにSuica登録完了です。チャージ満額したところなので,残高多めですね。

プリペイドカードのポレット(POLLET)からのSuicaチャージに挑戦

次はせっかくGoogle Payに登録して,Suicaチャージの自由を得たので,プリペイドカードのポレット(POLLET)からのチャージに挑戦してみます。ポレットについては詳しくは下記をどうぞ。

ポレット(Pollet)が登場!ハピタス&ポイントインカムとコラボの新しいVisaプリペイドカード!

2017.04.11

実はポレットは,カードに印字された名義が「POLLET MEMBER」と個人名義が記されておらず,なおかつ3Dセキュアにも対応していないので,使えないことも多いんですよね…。というわけで,ポレットでいければ大抵のクレジットカードは大丈夫だろう!ということで,チャレンジしてみることにしました。

ハピタスとは?危険?あやしい?そんなことはありません!その仕組みとハピタスで稼ぐ方法を徹底解説!

2018.04.01

ポイントインカム登録は当サイトが最もおトク!当サイト限定特別入会キャンペーンで計1,100円分もらえる!ポイントインカムの上手な利用方法を徹底解説!

2017.11.21

ポレットは,ポイントサイトのハピタスやポイントインカムのポイントを移行できて使えるので便利です。ハピタスやポイントインカムは,日々の楽天市場やYhaoo!ショッピングの買い物の際に経由するだけで,1%のポイントがもらえます。もらわなきゃ損!です。興味のある方は上記の記事をどうぞ。

さて,それではGoogle Payにポレットを設定します。うん,拒否されませんね。登録はできるようです。じゃあ,2,000円チャージしてみます…(ちなみに,Suicaの上限は20,000円です)。

残高の横の丸矢印がくるくるっと周り…チャージされました!プリペイドカードであるポレットからのチャージ成功です!ということは,ドコモ口座VISAプリペイドとかもOKかもしれませんね。キャンペーン時に7%上乗せは大きいですね(未検証です)。

【2018年7月】ドコモ口座Visaプリペイドで7%キャッシュバックキャンペーン!定額パックプランに新規登録で500円プレゼントも

2018.07.20

先ほど述べたように,Suicaのチャージ上限は20,000円ですので,利用し続けないと大きな額はチャージできません。

オーソリティは10%?しかし,実際には引かれていませんでした

ただ,ちょっと謎の挙動もありました。上記は2,000円をポレットからチャージした際に,ポレットから来た利用明細のメールです。ポレットは設定しておくと,利用の度にこうしてメールが飛んできます。

上記の2,000円が引き落とされる21秒前に200円引き落とされたというメールが来ていました。ポレットのようなプリペイドカードでは,本当にカードが有効かどうかを確認するために事前確認の少額引き落とし(オーソリティ)がかかることがあります。

とはいえ,Amazon.co.jpなどでは,オーソリティは1円とかなので200円には驚きました。といってもあくまで事前確認のためのシステムなので,オーソリティの金額は実際には引き落とされないか,引き落とされたとしても返金されます。

ポレットの利用明細を見てみても,2,000円は引き落とされていますが,上記の通り,オーソリティ分の200円は引き落とされた記録がありません。

まとめ

というわけで,本記事では2018年5月24日からGoogle PayにSuicaとWAONが新規追加されたことと,実際にSuicaにポレットでチャージしてみた体験談をお届けしました。

冒頭でも述べましたが,Google PayにSuicaが追加された事によるメリットは,

  • 1円からクレジットカードチャージが可能になった
  • どんなクレジットカードからでもチャージ可能になった
  • したがってモバイルSuica年会費がかからない

と,非常に大きいです。ただし,Google Payを使うには,おサイフケータイ機能が必須です。Google Payはソフトなのでハード面の限界は超えられません…。

また,ポイントが貯まるのでまだ不要とまではいきませんが,ビックカメラSuicaの存在価値が一気に減少した一件とも言えます。ビックカメラSuicaについては下記の記事で詳しく解説しております。

ビックカメラSuicaカードでエクスプレス予約も使える!Suicaチャージを活用すれば毎月2.0%還元も可能!

2017.12.19

Google PayはあくまでAndroidだけの話ですので,iPhoneやiPadをお使いの方でApple Payについて知りたい方は下記の記事がオススメです。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA