Fire HD 8(Newモデル)タブレットがAmazonプライム会員限定セールで3,000円OFFの5,980円!




AmazonでFire HD 8タブレットがAmazonプライム会員限定セールで3,000円OFFの5,980円!

f:id:monimonita333:20170518010038p:plain

2017年6月7日に,Amazonは新型Fire HD 8を販売開始しました。同時発売のFire7(New)タブレットと共に,前作からのマイナーチェンジ版となっています。

2018年現在は値下げされており,16GBが8,980円,32GBが10,980円です。さらにプライム会員限定セールで3,000円OFFが適用され,16GBが5,980円,32GBが7,980円になります。

下記でFire 7(Newモデル)とFire HD 8(Newモデル)の比較もしています。この二つで迷われている方は,こちらの記事もよろしければご一読ください。

Wi-Fiのみなので,外に持ち出すのには向いていませんが,家で漫画を読んだり,動画を見たり,子どもに遊ばせたりするのには最適なFireタブレットのHD 8がオススメです。Amazonプライム会員はFire HD 8タブレット16GBを,5,980円で購入可能です。詳しく説明していきます。

Fire HD 8(Newモデル)が5,980円

f:id:monimonita333:20180116114148p:plain

FireタブレットのAmazonプライム会員限定価格は,クーポンコード不要です。Fire HD 8(Newモデル)の16GBが5,980円になります。ただし,Amazonプライム会員限定です。

Amazonプライムは無料期間もありますので,まだプライム会員になっていない人はぜひ入会もご検討ください。

ただし,Amazon Student会員,プライム家族会員のお客様は対象外です。

Amazonプライムは無料で試せる!

Amazonプライムは無料で試せます。しかも,今回のFireタブレットのセールは,Amazon無料会員でも対象です。めっちゃおトクですね!Amazon無料会員でも,プライムビデオなどが楽しめます。入るしかない!

Fire HD 8(Newモデル)は進化したと言えるか?旧モデル(2016)と比較

Fire HD 8(Newモデル)の16GBなら7,980円というのは確かに安いと思います。ただ,旧モデル(Fire HD 8タブレット(2016Old))と比較すると,「うーん,微妙」どころか「スペックダウン?」と言わざるを得ません。比較してみましょう。

Fire HD 8タブレット(Old)16GB/32GB Fire HD 8タブレット(New)16GB/32GB
価格 ¥11,980/¥13,980
¥8,980/¥10,980
→プライム会員限定で¥5,980/¥7,980
ディスプレイサイズ 8インチ HD 8インチ HD
解像度 1280 x 800 (189ppi) 1280 x 800 (189ppi)
カラー ブラック ブラック
プロセッサ クアッドコア最大1.3GHz クアッドコア1.3GHz
コンテンツ 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど 約3000万のエンターテインメントコンテンツ。テレビ、ドラマ、音楽、本、アプリ、ゲームなど
オーディオ Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク Dolby Atmos、デュアルステレオスピーカー、マイク
ストレージ 16/32GB 16/32GB
microSDカードスロット あり(200GBまで対応) あり(256GBまで対応)
カメラ フロントカメラ  フロントカメラ 
+2メガピクセルリアカメラ +2メガピクセルリアカメラ
Wi-Fi デュアルバンド a/b/g/n デュアルバンド a/b/g/n
バッテリー 12時間 12時間
サイズ 214 x 128 x 9.2mm 214 x 128 x 9.7mm
重量 341g 369g
カスタマーサポート メール、チャット、電話、スクリーンシェア メール、チャット、電話、スクリーンシェア

変更点はわずかです。変更点について有利な方を強調して示しています。まず,重くなりました(341g→369g),そして厚くなりました(9.2mm→9.7mm)。こうした改悪と引き替えに,Newモデルが得たのは,SDカードの対応容量アップだけです(200GB→256GB)。

プロセッサ(CPUとGPU)について

ほかに敢えて言うならば,プロセッサが「最大1.3GHz」という表現から「1.3GHz」に変わった点もあります。最新の2017モデルまでのプロセッサ(CPUとGPU)については下記で公開されています。

Tablet Device Specifications – Amazon Apps & Services Developer Portal

  • CPU:2015(Quad core (dual-core ARM Cortex A15 1.5 GHz, dual-core ARM Cortex A7 1.2 GHz))→2016(ARM Cortex-A53 (64-bit quad-core, 1.3 GHz) )→2017(ARM Cortex-A53 (64-bit quad-core, 1.3 GHz))
  • GPU:2015(PowerVR G6200)→2016(ARM Mali-T720 MP2)→2017(ARM Mali-T720 MP3)

CPUについては,2016も2017もARM Cortex-A53 (64-bit quad-core, 1.3 GHz)で変わりません。しかし,GPUがMP2からMP3に一世代グレードアップしていますね。「GPUの性能差は1.5倍以上あるようで、恐らく消費電力が増えたためにバッテリーを増やしたのでしょう」というご指摘をコメント欄からいただきました。参考になさってください。

重さと厚さについて

実は,重さと厚さについては,Fire HD 8タブレットはマイナーチェンジの度に悪くなっています。

  • 重さ:2015(311g)→2016(341g)→2017(369g)
  • 厚さ:2015(7.7mm)→2016(9.2mm)→2017(9.7mm)

うーん,重さと厚さについては,縦横は変わらないものの分厚く,重くなっています。2015モデルは値段が高かったので,高性能なのはわかるのですが,価格据え置きの2016→2017は…。家で使う用途なので,そこまでこだわらないかもしれませんが,確実にマイナスです。

それなのに,RAM,内蔵ストレージ,バッテリー持続時間は2016→2017では,まったく変わりません。2015→2016のときは,バッテリー持続時間など延びたので,まだそれとのトレードオフと納得できたのですが…。

価格据え置きのマイナーチェンジなので,そう大きな期待は出来ないと思いつつも,ここまで良くなった点が少ないと気がかりです。悪くはなってませんので,「2016モデルが欲しい!」と殺到するようなことはありません。でも,残念…。

Fire OSとは何か?Androidとの違いは?

Fire HD 8の購入を検討するに当たって,もう一つ気になるのが,Fire OSとは何か?ということでしょう。Fire OSとは,AndroidをベースにAmazonが独自開発したOSです。特長は下記の通りです。

Googleアカウントではなく,Amazonアカウントでログインする

Androidであれば,Googleアカウントでログインして初期設定を始めますが,Fire HD 8など,Fire OSではAmazonアカウントでログインして初期設定を始めます。Fire HD 8の購入を検討される方なら,Aazonアカウントを持っている人が多いでしょうから,これはそれほど問題では無いと思います。

ちなみに,Amazon公式ストアからFire OS端末を購入すると,最初からAmzoanアカウントが初期設定された状態で送られてきます。

Google Playが使えないので,Kindleストアを使ってアプリをダウンロードする

Androidであれば,アプリはGoogle Playからダウンロードしますが,Fire OSではKindleストアからダウンロードすることになります。Kindleストアの使い勝手が悪いわけではないのですが,ダウンロードできるアプリの種類はかなり少なくなります。例えばですが,TwitterやFacebookはありますが,Lineはありません。下記から確認してみてください。

Amazon.co.jp | Androidアプリストア, Fire対応アプリ

上にも書いてますが,白猫プロジェクトやゲームオブウォー,パズドラ,チェンクロなどゲームは割とあるようです。「どうしてもこのアプリは使いたい!」というものがあれば,購入前に確認しておくといいと思います。

Fire OSにどうしてもAndroidアプリを入れたい!という方は,APKファイルをインストールするという抜け道もありますが,「APKファイルってなに?」というような方にはオススメいたしません。下記の記事もご参照ください。

Fire OSはあくまで用途限定の限られたタブレットとして普通に使うのがよいと思います。あ,家で使う人が多いと思いますので,あまり重要では無いと思いますが,GPSも搭載されていませんので,地図アプリもポケモンGO!も使えません。

Fire OSのオススメの使い方

やはりFire HD 8の使い道としては,Amazonプライム会員になって,KndleオーナーズライブラリKindle Unlimitedで本を読む,Amazonプライムビデオで動画を見まくる,AmazonのPrime Musicで音楽を楽しむといったように,Amazon謹製サービスを楽しむのがオススメです。

Amazonの思うツボな気もするのですが,やはりこれが一番いい使い方です。解像度は低くなりますが,Fireタブレット7インチも同じ用途ですね。雑に扱っても気にならない価格帯が魅力です。

まとめ

スペックを比較すると残念な面も目に付くFire HD 8(Newモデル)ですが,16GBなら5,980円という価格は圧倒的に支持できます。コストパフォーマンスは最高です。この機会に,家でのごろ寝使用タブレットを1台いかがでしょうか?

Kindle PaperwhiteやFire TV Stickもオススメです!

下記でFire 7(Newモデル)とFire HD 8(Newモデル)の比較もしています。この二つで迷われている方は,こちらの記事もよろしければご一読ください。

さらに,大画面のFIRE HD 10にもご注目ください。最新です。











9 件のコメント

  • お返事ありがとうございました。
    確かにプライム会員なら新しい方を買わない手は無いですもんね!
    私はKindle fireをクーポンを使って買うためにプライム会員になろうか迷っていたのですが、2015年モデルの事を教えて頂き、2016年モデルを購入しました。

  • コメントありがとうございます。無知ですみません。ご教示ありがとうございます。ただ,私の探し方が悪いのか,developer.amazon.comで,2016モデルまでの仕様は見つかりましたが,2017モデルの仕様が探せませんでした。GPUがmp3に変更された件,もしよろしければ出典を教えていただければありがたく存じます。

  • CPUが明らかになっていない、というのも間違いですね。
    developer.amazon.comで公開されています。
    CPUが同じでGPUがMali T-720mp2からmp3に変更されています。
    GPUの性能差は1.5倍以上あるようで、恐らく消費電力が増えたためにバッテリーを増やしたのでしょう。

  • 花火さま
    コメントありがとうございます。残念ながら2015年モデルの投げ売りはなかったですが,2016年モデルの在庫量次第では,投げ売りセールもあり得ると思っています。なんといっても,プライム会員クーポンがある以上,旧2016モデルの在庫がさばけていくとは思えないからです。
    ただ,一般的には安い小容量バージョンの方が在庫が多いはずなので,案外,2016モデルの32GBの在庫は少ないかもしれませんね。その場合はひっそりと終了でしょう。どうんるでしょうか。

  • 旧モデルの投げ売りセールをやることなどあるのでしょうか?
    今、旧モデルはkindle fire hdでは32GB fireでは16GB版しか売っておらず、容量が少ないバージョンは在庫なしとの表示ですが、容量が大きい方は売り切れることはないのでしょうか?
    2016年モデルが発売されたとき2015年版はどうだったのか等ご存じでしたら教えていただきたいです。

  • 旧モデルが既に買えない、というのは間違いです。
    検索かければ、旧モデルの32GBが大幅割引された状態で在庫ありです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です