コインチェックでビットコイン以外の仮想通貨を買う!リップルやネムに注目!ポイントサイトからの交換はモッピーのみ対応




【コインチェック】ビットコイン以外の仮想通貨を買える仮想通貨取引所

f:id:monimonita333:20180104210913p:plain

The easiest way to buy and sell Bitcoin and cryptocurrency. | Coincheck

下記の記事でポイントサイトのポイントをビットコインに交換するという方法をご紹介しました。

ビットフライヤー(bitFlyer)は,もっとも有名な仮想通貨取引所だと思いますが,取引されている仮想通貨は少なめです。

  • ビットコイン
  • イーサ(イーサリアム)
  • イーサ(イーサクラシック)
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

ビットフライヤー(bitFlyer)には,仮想通貨界隈で話題に良く出る「リップル」や「ネム」がありません。そうなると,他の取引所を使わないといけません。

リップルやネムを扱っている初心者向け国内仮想通貨取引所といえば,コインチェック(coincheck)です。コインチェックはとりわけアプリの使い勝手が良いことで評判です。今回はこのコインチェックをご紹介したいと思います。

「すぐ登録したい!」と,お急きの方は下記のバナーからどうぞ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コインチェック口座開設の流れ:3ステップ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【公式】コインチェックの口座開設はこちからから

  1. ここから登録を進めれば,本人確認書類(免許証など)があれば,15分もあれば最初の登録は完了します。
  2. コインチェックが本人確認書類(免許証など)をチェックするのに,数時間~1日ほどかかります(私の場合は約20時間でした)。この段階で入金が可能になり,仮想通貨の売買ができるようになります。
  3. 上記の手続き完了後,2~4日後にハガキが届きます。受け取った時点で出金や送金が可能になります(私の場合は2のあと2日後でした)。

 「いますぐ仮想通貨を買いたい!」という場合も,数時間~1日ほどで売買が可能になります。

 

二段階認証は必ず設定しましょう

f:id:monimonita333:20180104213104p:plain

coincheck(コインチェック)二段階認証

大前提として,パスワードの使い回しや単純なパスワードを使わないということはもちろん,大切な財産を守るために,コインチェックに登録後は二段階認証は必ず設定しましょう。

コインチェックの二段階認証には,Google Authenticatorを使います。ビットフライヤーにも使えます。

Google 認証システム

Google 認証システム
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

使い方はカンタンです。Google Authenticatorをインストールして設定後,右下の赤い「+」アイコンから「バーコードをスキャン」を選び,PCなどに表示させたQRコードを読み込めばOKです。

要注意!スマホ紛失や水没・破損に備えましょう

ここでちょっと気をつけておきたいのが,Google Authenticatorをインストールしたスマホを紛失した場合です。コインチェックの場合は,運営に問い合わせをして本人確認ができれば解除してもらえるようですが,バイナンス(Binance)のような海外の取引所とかだと非常にマズいことに…。

この対策としては,大きく二つあります。

  • QRコードを二台のスマホに読み込ませる(一台はスペア)
  • QRコードのスクリーンショット,印刷をしておく

どちらも一長一短ですが,手元に以前使っていたスマホがあるなら,上の方法がいいですかね。下の方法は,管理が心配です(キャッシュカードの裏に暗証番号を書く的な)。お気をつけください。

 

コインチェックで取引できる13種類の仮想通貨

f:id:monimonita333:20180104214940p:plain

The easiest way to buy and sell Bitcoin and cryptocurrency. | Coincheck

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガー(REP)※リップルではありません
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

上記のうち,赤字にしたビットコイン,イーサリアム,イーサリアムクラシック,ライトコイン,ビットコインキャッシュは,ビットフライヤーでも扱っています。

いずれも2017年初頭から2017年末にかけてとんでもない値上がりをした仮想通貨ばかりですが,とりわけ2018年初頭に注目されているのが,リップルとネムです。

リップル(XRP)は2017年1月1日~12月31日で約300倍

f:id:monimonita333:20180104215936p:plain
  • 2017年1月1日終値:0.777
  • 2017年12月31日終値:232.99

上記数値は,コインチェックの「取り扱い通貨の終値一覧」で調べました。そして,上記の画像は2017年1月4日の夜です。オカシイ上がり方ですね。

ネム(XEM)は2017年1月1日~12月31日で約255倍

f:id:monimonita333:20180104215911p:plain
  • 2017年1月1日終値:0.433
  • 2017年12月31日終値:110.31

そして同じく,数値は「取り扱い通貨の終値一覧」で,上記の画像は2017年1月4日の夜です。やっぱりオカシイ上がり方ですね。

……いずれもまあ,正直に言えば「めっちゃ安い時期に買いたかったなぁ!」というのが本音でしょう。私もそう思います。しかし,リアル通貨や株のようなものとちがって,仮想通貨は実体がないため,人が集まれば集まるほど上がるのです。

イノベーター理論におけるキャズム

イノベーター理論とキャズム理論 | マーケティング is.jp

上記の図は,スタンフォード大学のエベレット・M・ロジャース教授が1962年に,『Diffusion of Innovations』(邦題『イノベーション普及学』)で提唱した理論で,イノベーター理論と呼ばれるものです。

詳しくは 上記の記事を読んでもらえればと思うのですが,市場に投入した商品が売れるかどうかについて,ロジャースはイノベーターとアーリーアダプターの割合を足した16%のラインが重要だと説いています。

一方で,ジェフリー・A・ムーアはハイテク産業においては,「普及率16%の論理」は当てはまらないとしており,そこに「キャズム」と呼ばれる大きな境目があると述べています。

2018年初頭の仮想通貨はイノベーターかアーリーアダプターか,それとも既にキャズムを超え,アーリーマジョリティにまで波及しているのか,このあたりに今後の仮想通貨のカギがあるのかもしれません。

コインチェックも下記の通り,出川哲朗氏を使ってテレビCMをおこなっていることから,キャズムを超えようとしている時期なのでしょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コインチェックのスマホアプリはすごく見やすい

f:id:monimonita333:20180104221400p:plain

ビットフライヤーよりも多くの仮想通貨を扱っているにも関わらず,コインチェックのこの一覧性は大変に魅力的です。

難しいところは一切なく,直観的に操作が可能です。説明書いらずの仮想通貨取引所と言えるでしょう。初期のiPhoneを彷彿とさせます。万人に受け入れられる操作性こそ,先ほどのキャズム(流行の谷)を乗り越えさせるツールなのだな…と考えさせられます。

PC版の操作性も悪くはないのですが,コインチェックに関してはスマホでついちぇっくしたくなる操作性が魅力です。

 

コインチェックのデメリットはビットコイン以外の仮想通貨の取引手数料が高いこと

f:id:monimonita333:20180104222233j:plain

コインチェックは初心者向けの優れた仮想通貨取引所ですが,デメリットもないわけではありません。

コインチェックでは,ビットコインに関しては,キャンペーンにより手数料が無料になっていますが,ビットコイン以外の仮想通貨を買う場合は取引手数料がかかります。

それは,とりわけバイナンス(Binance)のような海外の仮想通貨取引所に比べると,コインチェックの取引手数料は高めです。そのときの取引量によって手数料率は変わりますので一概にいくらとは言えませんが,1回の売買に約数%~10%はかかります。

短期で売買するには不向きです。手数料負けをしてしまいます。しかし,仮想通貨はそもそもどの取引所も高めです。もちろん,仮想通貨に詳しくなってくれば,同じ種類の仮想通貨を安い取引手数料で売買できる方が良いに決まっています。

最初はコインチェックで慣れてみて,理解が進めばさらに多くの仮想通貨を安く売買できる海外の仮想通貨取引所に徐々に移行していけば良いでしょう。

バイナンスなんかがこの条件にピッタリ当てはまります!

 

ポイントサイトからのビットコイン交換はモッピースマホ版のみ対応

f:id:monimonita333:20180105133137p:plain

2018年1月時点で,コインチェックのビットコインに交換できるのはモッピーのスマホ版だけです。モッピースマホ版はビットフライヤーへの交換も対応しています。

そのほかのポイントサイトからコインチェックへの交換は対応していません。

f:id:monimonita333:20180104224318p:plain

ただ,「コインを受け取る」というメニューはありますので,各ポイントサイトからビットフライヤーにビットコインの交換をおこない,そのあとにビットフライヤーからコインチェックにコインを送るということは可能です。

f:id:monimonita333:20180105004501p:plain

しかし,ビットコイン送付手数料が,0.0008BTCかかります。単位は小さいですが,ビットコインが約170万円だとすると,1,360円もかかります。ちょっともったいないですかね。

コインチェックのビットコインに交換したいならモッピーの一択ですね!モッピーについては下記の記事をご一読ください。

 

まとめ

f:id:monimonita333:20180104210913p:plain

The easiest way to buy and sell Bitcoin and cryptocurrency. | Coincheck

初心者向けでありながら,日本国内の仮想通貨取引所としては,13種類という豊富な仮通貨を扱うコインチェックは,アプリの利便性を含め,極めて高い評価を受けていると言えます。

「仮想通貨って?」「ビットコインは聞いたことあるけど,リップルって?ネムって?」という方は,一度,コインチェックに登録してみて,ビットコイン外の仮想通貨(アルトコイン)の世界をのぞいてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨は「ギャンブル」「危険」というイメージもあるかもしれませんが,100円からでも購入可能ですし,すぐにゼロになるという性質のものでもありません(長期的にはわかりませんが)。

仮想通貨になれてきたら,海外仮想通貨取引所のバイナンスもオススメです。とにかく取引手数料が安く,扱う仮想通貨も約100種類とビットコインの比ではありません。詳しくは上記の記事をどうぞ。

コインチェックに興味を持った方は,まずは登録をしてスマホアプリを使ってみてください。「人間の一生は,どの瞬間も【今】が一番若い」というのは真実です。ポイントサイトのモッピーからの余りポイントをビットコインに交換し,さらにその他の仮想通貨に交換することもできます。

コインチェックの登録は下記のバナーからどうぞ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【公式】コインチェックの口座開設はこちからから











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA