シンガポール航空の成田空港発SQ11とSIN発SQ630(いずれも777-300ER)のファーストクラス搭乗記




シンガポール航空の成田空港発SQ11とSIN発SQ630(いずれも777-300ER)のファーストクラス搭乗記

シンガポール航空の成田空港発SQ11とSIN発SQ630(いずれも777-300ER)ののファーストクラスに搭乗してきました。

  • SQ11:NRT20:25→03:35SIN(777-300ER)
  • SQ630:SIN17:25→01:00HND(777-300ER)

今回,ポイ活で貯めて交換したシンガポール航空の13万マイルを使って,上記路線のファーストクラスに搭乗してきました。普通は13万円分のポイントで,ファーストクラスには乗れませんよね。

実は2019年3月にもスイート,2018年11月にもANAマイルでビジネスクラスに乗ってきたばかりなんですけどね。ANAマイルでのシンガポール航空ビジネスクラスは60,000ANAマイルでした。

シンガポール航空の関西空港発A380ファーストクラス(スイート)に乗ってきました!ウェスティンシンガポールにも!

2019-03-11

シンガポール航空の関西空港発A380ビジネスクラスに乗ってきました!陸マイラー最高!シンガポールマリオットも

2018-11-28

「13万マイルなんて無理!」と思われるかもしれませんが,多くのポイントサイトから移行できるPeX→三井住友ワールドプレゼント→SQマイルなら60%で交換可能です。

ということは,13万マイルを稼ぐには216,667円分のポイントが必要です。

しかも現在は改悪されて14万マイルになっております。ということは,233,334円分のポイントが必要です。

これはなかなか道のりは遠いですが,それでも現金だとシンガポール航空のファーストクラス(スイート)は100万円近くしますのでおトク(?)ですよね!

なんといっても,同じスターアライアンスでもシンガポール航空のスイートはANAマイルでは予約不可能です。ブロックされています。シンガポール航空のスイートに乗りたければ,シンガポール航空のマイルを貯めるしかありません。

陸マイラーの始め方を解説します!初心者でも数万マイルがすぐに貯まる方法とは

2019-12-25

【陸マイラー】月3万円の小遣い稼ぎ or ANAマイルを稼ぐ方法!副収入・副業としてのポイント活動!

2018-04-02

まずは成田空港のANAスイートラウンジへ

というわけで,早速ファーストクラスに搭乗です。ファーストクラスの場合は,

  • チェックイン時のファーストクラスカウンター
  • 手荷物検査時のプライオリティレーン
  • アルコールや食事もできる航空会社ラウンジ(今回はANAスイートラウンジ)
  • 航空機内に入るときの優先搭乗

などが利用可能です。

成田空港の場合は,スターアライアンスゴールド(SFCなど)やビジネスクラスなら,ユナイテッド航空のラウンジも利用できます。

ちょっと見学させていただきましたが,夕焼けの外観がすばらしかったです。

さて,ユナイテッド航空のラウンジを経て,ANAスイートラウンジに向かいます。

こちらですね。通常のANAラウンジは2階,ANAスイートラウンジは4階です。

こういうお席に陣取って…

早速,ビールをぐびーっといただきました。おしぼりをいただけるおもてなしがうれしいですね。

まあ,ざっくりこんな感じでした。

ANA Million Milerプログラムのタグが展示されているあたり,さすがANAスイートラウンジだなーと思いました。やる気にさせてくれますよね?!(無理)

ところで,ANAスイートラウンジではオーダー制の料理もあるんですよね。

というわけで,海鮮丼をオーダーしてみました。ほどよいミニサイズで美味しかったです。

ANAスイートラウンジには寿司料理人の方もいらっしゃいます。

タイ,エビ,マグロは握っていただきました。一番右のサバ寿司はビュッフェに置いてあったものです。美味でした。

シャワーも浴びました。夜便だと特にありがたいですよねー。

アメニティはこちら。

ドライヤーはダイソンでした。

いよいよ成田発SQ11(777-300ER)に搭乗

というわけで,かなり時間も押し迫ってきて,いよいよ搭乗です。

優先搭乗でファーストクラスに向かいます。

そしてご覧ください!これが777-300ERのファーストクラスのシートです。

A380の個室感には負けますが,重厚ないいシートですよね。

早速,搭乗するなりドンペリも注いでいただきました。

成田発SQ11(777-300ER)の機内食を紹介

SQ定番のサテです。

前菜はおしゃれなサラダです。カニですね。美味しかったです。

肉々しいですが,薬膳っぽいスープです。いい出汁出てます。

またサラダです。スパイシーなドレッシングが美味しいんですよねぇ。なんなんでしょ?

さて,シンガポール航空といえば,メイン料理のオーダーはブック・ザ・クックですね。

ANAマイルでシンガポール航空の予約をしてもブック・ザ・クックはOKです!英数字6桁の予約番号をシンガポール航空の「予約の管理」で入力して選びましょう。

ただ,行きは基本的にブック・ザ・クックは選べないので,機内チョイスです。私は洋食でお肉をいただきました。これも柔らかくて美味しかったです。

シンガポールのチャンギ国際航空に到着

さて,シンガポールのチャンギ国際空港に早朝3時半頃に到着しました。眠い…。

中距離便の深夜発はこれがしんどいですね。ともあれ,出国手続きを済ませてシンガポールに入国します。

タクシーは夜中でも稼働しています。この日はGrabで移動しました。Uberはシンガポールで使えなくなったんですよね。

入国してすぐに着いたのはホテル…ではなくて,24時間営業のこちらでした。テンション上がる~!

昼頃まで頑張って,カジノ内のレストランで昼食をいただきました。日本円で800円ぐらいなので,ほぼ日本と同じような相場ですかね。

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチに宿泊

さて,宿泊はJWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチでした。朝食が豪華という噂を聞いての選択です。

苦労してマリオットプラチナチャレンジでGETしたせっかくのチタン会員,活かさないと。

マリオットプラチナチャレンジを9泊して達成!約11万円で26,652マリオットリワード+無料宿泊1泊をGET!その全貌をお届けします

2018-03-06

さて,お部屋はこんな感じでした。特別にアップグレードされたわけでもなさそうですが,一人で泊まるなら十分ですね。

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチのラウンジ

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチのラウンジに行ってみました。

ラウンジに向かう通路が,ビルとビルをつなぐ回廊になっています。

こんな感じでした。バーもあってなかなか雰囲気はよかったですよ♪

ラオパサ(LAO PASA)でサテに麺に焼き飯を堪能

友人と合流して,ラオパサ(LAO PASA)でサテに麺に焼き飯を堪能してきました。

焼き飯がどーーんと出てますね。中央上にある大根餅の卵焼き添え?みたいなのが美味しかったです。

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチのビーチ・ロード・キッチンで朝食

JWマリオット・ホテル・シンガポール・サウスビーチのビーチ・ロード・キッチンで待望の朝食です。ウキウキしますね。

行列が出ていたので,少し並んで店内に通されました。

いやー,ここは圧巻ですね。シンガポールのマリオット系列でいえば,朝食に限ってはぶっちぎりです。

個人的に一番ツボだったのはヌードルバーです。中華風に野菜や具や麺を選び,中華スープか辛いスープでアレンジしてくれます。

高級ホテル朝食でおなじみのエッグステーションもありました。

一方でオススメしないのがジャパニーズソバです。ネタと思っていただきましたが…うーむーむーうー。

ラオパサ(LAO PASA)のフライドホッケンミーは絶品!

さて,翌日に昨晩の宴会で食べ損ねたフライドホッケンミーを食べるために,ふたたびラオパサ(LAO PASA)に舞い戻ってきました。

個人的にめちゃくちゃオススメなのが,こちらのSENG KEE LOCAL DELIGHTSです。

こちらのフライドホッケンミーは絶品なんですよねえ。焼きそばというか汁ソバというか…エビの風味がたまりません。

じゃーん。こちらです。横の辛味噌をつけて食べるのが最高ですね。

マリーナ・ベイ・サンズのカジノで!

そして,シンガポールでのもう一つのメインイベントと言えば,マリーナベイ・サンズでのカジノです!うぉぉぉぉーーーっ!

負け…ませんでした(珍しい×2回目)

前回のシンガポールドルを全投入して,今回は概ね勝ち推移で最後にちょい負けでもプラス!みたいな感じでした。

シンガポールのチャンギ空港にて噂のジュエルを見に行きました!

さて,帰りはシンガポール航空のお膝元,ターミナル3だったのですが,噂の人工滝のジュエルを見に行きました!ちょっと遠いんですよね。

歩く歩道でいどうしながら,右手にこれが見えました。タターミナル3から10~15分ってとこですかね。

じゃーん!こちらです。といっても,写真は世界中にあふれかえってますし,何の新鮮味もないですね。

せっかくなので動画も撮ってきました!雰囲気,伝わりますかね?ジュエルの滝を見る分には無料なので,時間があれば気軽に足を運んでみてください。

シンガポール航空のチャンギ航空ファーストクラスチェックインカウンターに潜入

というわけで,ターミナル3のもっとも左端にあるシンガポール航空のスイートチェックインにやってきました。

こちら,空間に足を踏み入れた瞬間にラウンジ!って感じなんです。

こういう大理石のカウンターで,ゆっくり座ってチェックインできます。

さて,ファーストクラスチェックインカウンターの向かいにあるファーストクラスデパーチャーで出国審査です。

制限エリアに出たら,2階のシンガポール航空シルバークリスラウンジに向かいます。

シンガポールの国花であるナショナル・オーキッド,つまり蘭ですね。

シルバークリスラウンジのビジネスクラスエリアは,下記の記事でも触れています。今回はファーストクラスラウンジエリアに潜入です。

シンガポール航空の関西空港発A380ビジネスクラスに乗ってきました!陸マイラー最高!シンガポールマリオットも

2018-11-28

THE PRIVATE ROOMです。

エミレーツ航空のファーストクラスラウンジほどではないですが,贅沢な空間です。エミレーツ航空のファーストクラスラウンジは下記で紹介しています。

JALマイルでエミレーツ航空A380のファーストクラスに乗ってドバイに行ってきました!ファーストクラスラウンジも

2019-02-21

こちらのお席でディナーをいただきました。もはや超高級レストランですよね。もちろん全メニュー無料です。

まずはドンペリ!ドンペリニヨンです。見たままですね。

一応,こういった自由に取れるメニューもあるのですが,ほとんどの方がオーダーされています。

超高級ビーフハンバーガーをいただきました。ハンバーガーの概念がひっくり返りそうです。

帰路はSIN発SQ630(777-300ER)のファーストクラスの搭乗&機内食

さて,帰路はSIN発SQ630(777-300ER)のファーストクラスに搭乗しました。

すばらしいですね。

この前菜のキャビア&冷製パスタが最高に美味しかったです。

スープはこちら。

サラダはこちら。

こちらがメインのブック・ザ・クックのリブアイ・ステーキ(6オンス)です。

まとめ

シンガポール航空のァーストクラスは予想以上に快適でした。何度でも乗りたいですね。

必要なのはシンガポール航空の14万マイルです。同じスターアライアンスでもANAマイルでは乗れません。

「シンガポール航空14万マイルなんて無理!」と思われるかもしれませんが,多くのポイントサイトから移行できるPeX→三井住友ワールドプレゼント→SQマイルなら60%で交換可能です。

ということは,14万マイルを稼ぐには233,334円分のポイントが必要です。

一方で,SPGアメックスなら100%(108,000マリオットリワード=36,000SQマイル)で交換可能です。とはいえ,シンガポール航空14万マイル分というと,42万マリオットリワードです。SPGアメックスでは,利用額の3%のマリオットリワードが貯まりますので,1,400万円分のカード決済が必要ですね。途方もないです。

そう考えると,ポイントサイトでポイントを貯めて,三井住友ワールドプレゼントで60%交換で貯めていく方が現実的(?)な気もします。とにかく,目標を決めて貯めましょう。

なかなか道のりは遠いですが,それでも現金だとシンガポール航空のファーストクラス(スイート)は100万円近くしますのでおトク(?)ですよね!

陸マイラーの始め方を解説します!初心者でも数万マイルがすぐに貯まる方法とは

2019-12-25

【陸マイラー】月3万円の小遣い稼ぎ or ANAマイルを稼ぐ方法!副収入・副業としてのポイント活動!

2018-04-02

そう,陸マイラーなら6万マイルどころか,50万マイルや100万マイルを貯めることも可能なのです。あなたも今日から始めてみませんか?











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA