レシートがAmazonギフト券やQUOカードに化ける!陸マイラーはPeX経由でソラチカルートへ

レシート捨ててませんか?

f:id:monimonita333:20161225232851p:plain

レシポというサイトをご存じですか? レシポに掲載されている商品なら,購入したレシートを商品と一緒に撮影して送信するとポイントが獲得できるサイトです。ポイントはAmazonギフト券やQUOカード,陸マイラーならもちろんPeX経由でマイルですね。でも,お小遣い稼ぎとしても優秀なサイトです。

f:id:monimonita333:20161011215604p:plain

とりわけ,欲しい商品を買う前や買った後に,レシポを見てみて対象商品になっていたらめっけものです。これがレシポの本来の使い方であり,最強の使い方なのです。陸マイラーをはじめとする本来じゃない使い方は後ほど。

 

レシポの登録方法

下記のレシポサイトから,「メールアドレス」「パスワード」を送信するだけで簡単に登録可能です。

f:id:monimonita333:20161011215940p:plain

もしくはスマホならアプリをインストールして登録するのもいいですね。

ただ,アプリを上記から直接インストールすると,ポイントがもらえなくて損です。ちょびリッチなどを経由するとほんのちょっとお得です。100円にも満たないポイントですが(^^;)。

レシポで貯める / ポイントサイトちょびリッチ

ちょびリッチの登録方法はこちらで説明しております。面倒ならちょびリッチはすっ飛ばして,いきなりレシポ登録でもOKです。ほんとに微々たるものなので。


レシポで対象商品を確認してみよう!

f:id:monimonita333:20161011220939p:plain

陸マイラーのみなさんにとっては,馴染みがあるのがRAIZINでしょうね。とっくに終了しましたが,この商品が欲しいかどうかはさておき,1缶で180レシポポイントは破壊力抜群です。90%還元でほぼタダですから。ドラえもんの「オキテテヨカッタ」を地で行く世界です。

地味ですが,イオンのレシートもお得ですよね。レシポのためにわざわざイオンに買い物に行くなら,この金額はたいしたことありませんが,たまたま買い物に行ってレシートが手元にあったら,100レシポポイント(100円分)もらわない手はないですからね。

 

実際に買い物してみました

というわけで,私も実際に買い物してみました。上記のRAIJINと下記の極キレです。これもとっくに終了しています。

f:id:monimonita333:20161011222129p:plain

やっぱりいくらレシポで「もらわないよりもらった方がお得」とはいえ,10ポイントや20ポイントだと,手間に見合うとは言いがたいので手を出す気になれません。その点,この極キレはスーパーなら,安ければ98円(税込み106円)で売っていて,2本で200円で仕入れれば還元率75%です

f:id:monimonita333:20161013190019j:plain

RAIZINは90%なので,RAIZINの方がお得に感じますが,エナジードリンクよりお酒が好きな私には,RAIZINにそこまでの商品価値をあまり感じられないので,それほど美味しい案件ではありません。

つまり,お酒好きにとって「確実に喜んで飲む」というところがポイントです。いくら100%に近い還元で,商品が実質タダ同然で手に入っても,商品がゴミだと嬉しくありません…。この辺はレシポに限りませんが,下記に詳しく書きましたのでよろしければ。

f:id:monimonita333:20161011222729p:plain f:id:monimonita333:20161011222733p:plain

さて,「レシート期間」「獲得条件」「必要購入数」「応募上限」「先着」はくれぐれも注意して読んでくださいね。RAIZINは「獲得条件」に「コンビニエンスストア・駅売店での購入に限ります」とありますが,極キレはそのような記述はありません。ここ要チェックです。たまに「セブンイレブン限定」など,コンビニチェーン指定の場合もありますので要注意です。

 

撮影してみました(とても下手です)

レシポでは2016年7月頃から,対象商品とレシートを一緒に撮影することが条件に変わったようです。対象商品は複数購入の条件でも一本映っていれば問題ありません。ただし,この記事はあくまで2016年10月現在の情報ですのでご注意ください。

f:id:monimonita333:20161011223751j:plain f:id:monimonita333:20161011223846j:plain

極キレに関しては,コンビニで購入という獲得条件がないのに,コンビニで高値で買って大失敗です。コンビニで304円(1本152円)で買ってますが,スーパーなら200円ほど(1本98~108円)でポイントは同じ150レシポポイントですからね。お気をつけください。

まあ,撮影クオリティは極めていい加減ですが,これで十分に通りました。みなさまにそれほど気を使わなくても大丈夫という安心感を与えるという意味では,ある意味いい写真?かもしれません(笑)。

 

商品&レシート画像を送信しましょう

PCからでもアプリからでもレシート送信は可能ですが,私は主にPCから送信しています。スマホで撮影した写真を,DropBoxの自動アップロード機能を介してからPCで送信という手順です。レシポ関係なく,DropBoxは超便利なのでオススメです。

f:id:monimonita333:20161011225453p:plain

上記はRAIZINの場合です。このようなアンケートに答えて,「送信」でレシート画像を送信します。

 

あとはポイント付与を待ちます…

レシート画像を送信すると,下記の「レシート投稿状況」から状況を確認できます。

f:id:monimonita333:20161011224929p:plain

私の場合は10月5日の20時過ぎにRAIZINと極キレを下記のように投稿しました。

f:id:monimonita333:20161011224641p:plain

そして,今度は「ポイント利用履歴」に反映されるのを待ちます。もちろん,上記の「レシート投稿状況」で「審査OK」を確認するのでも良いです。

f:id:monimonita333:20161011225207p:plain f:id:monimonita333:20161011225236p:plain

上記を見てもらえばわかように,RAIZINも極キレも丸2日弱でポイント付与されています。RAIZINは陸マイラー系のブログで話題だったので,多少時間が掛かったようです。早いときには即日付与されることもありますが,話題の案件だとレシート画像確認が混み合い,このように2~3日かかることはよくあります。気長に待ちましょう。

 

ポイントを交換しよう!有効期限に注意!!

さて,次はお待ちかねのポイント交換です。捨てるはずだったレシートが,Amazonギフト券やQUOカードに化けると思うとワクワクですね!

f:id:monimonita333:20161011230122p:plain

「ポイント交換」から入ります。

f:id:monimonita333:20161011230212p:plain

おっとここで,先ほど登録で用いたパスワード確認が入ります。大切なポイントを守るためのセキュリティなので好感が持てますね。まあ正直言えば面倒ではありますが…。

f:id:monimonita333:20161011230346p:plain

2016年10月現在の選択肢は「Amazonギフト券」「QUOカード」「iTuneseギフト」「PeX」です。

  • Amazonギフト券=最低100レシポポイント(100円分)から
  • QUOカード=最低5,000レシポポイント(5,000円分)から
  • iTuneseギフト=最低500レシポポイント(500円分)から
  • PeX=最低100レシポポイント(100円分)から

上記を見ていただければわかるように,やたらQUOカードだけ最低交換額のハードルが高いです。レシポポイントは有効期限が,ポイント取得日から180日間と短めなので,QUOカードを狙うならかなりの頑張りが必要です。

f:id:monimonita333:20161011230903p:plain

しかし,「Amazonギフト券」「QUOカード」「iTuneseギフト」「PeX」は最低交換額のハードルが低いですね。特に「PeX」については,陸マイラー御用達のソラチカルートが使えますのでお得度が高いです。節約派のあなたも陸マイラー活動で年に216,000マイルを貯めて,ビジネスクラスでハワイ旅行に行きませんか?

 

まとめ:O2Oってなんぞや?

レシポの本来の活用方法は,「捨てるはずだったレシートがポイントになってお得!」です。これは陸マイラーだろうがなんだろうが変わりありません。食料品など一般家庭で頻繁に購入する商品が対象となっているので,陸マイラー活動以外の節約行動しても再チェックしてみてはいかがでしょうか。

一方で,このレシポのようなO2O(Online to Offline)のサイトがあるのは,新商品のマーケティングに効果があるからです。したがって,RAIZINや極キレのような新商品を「買って試してみて!美味しかったらまた買って!!」というマーケティングに大きなポイントが付与されるのは当然です。

そうなると,「捨てるはずだったレシートがポイントになってお得!」だけでなく,「商品がタダ同然で手に入る!」というネットお得情報派や,「商品がタダ同然で手に入って,しかも手に入ったポイントはソラチカルートで90%でマイル化?!」という陸マイラーなどの標的になるのも頷けます。

O2Oは企業にとって,莫大な宣伝費を投じずともネット上で新商品を草の根的にPRできるというメリットがあり,なおかつユーザーにとってもタダ同然で新商品が試せるというWin to Winのシステムなので,是非うまく使っていきたいですね。

 

3 件のコメント

  • ご返信ありがとうございます。
    (1)については分かっていたのですが、(2)を理解するのに時間がかかりました。
    ポイントサイトはもう10年以上(ドル箱時代からです。笑)使っていますが、今まで得たポイントはすべて現金化していたので、ソラチカルート経由でマイルへ交換することを行う場合は、考え方を変える必要がありますね。
    しかもクレジットカード発行案件や銀行口座開設案件ですと、完全持ち出しゼロ円なので考え方が簡単でした。(10,000Pゲット = 10,000円ゲットみたいな感じです。)

  • つかもとさま
    コメントありがとうございます。(1)「商品がタダ同然で手に入って」,(2)「しかも手に入ったポイントはソラチカルートで90%でマイル化?!」のように,2文に分けてお考えください。
    まず,(1)については,100%還元として,単純に110円払って110ポイント入手とします。このとき,110ポイントはAmazonギフト券110円分に交換可能なので,これを現金相当とみなします。すると,「支払い=還元」となり,これが成立します。「商品がタダ同然」の話はここで完結です。
    次に,(2)については,あくまで得た110ポイントの使い道の話です。もちろん,Amazonギフト券でもいいのですが,「例えばソラチカルートもありますよ」という提案に過ぎません。Amazonギフト券だと,110ポイント=110円です。ソラチカルートだと110ポイント=99ANAマイルなので,1マイル=2~5円の価値を感じる人にはお得です。飛行機に乗らない方には無意味です。
    結論を申し上げますと,「ポイントをソラチカルートへ回したら、払った70円は回収できていないと思う」の部分に見解の相違があると思います。ソラチカルートに回そうが回すまいが,そのポイントはつかもと様の所有権のままです。「ソラチカルートに回したから私のポイントがなくなった」という考え方は私にはないので,その点がズレなのだと思います。

  • こんばんは。
    > 「商品がタダ同然で手に入って,しかも手に入ったポイントはソラチカルートで90%でマイル化?!」
    の記述について、何度読んでもしっくりこないのですが、たとえば商品を購入するとお金を払いますよね。70円とか。
    でポイントを110ポイントもらえます。
    このポイントを支払った70円に充当(=現金化)するのであれば「タダ同然」という事だと思うのですが、ポイントをソラチカルートへ回したら、払った70円は回収できていないと思うのですが、どういう風に考えればいいのでしょうか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA