【9月21日発売】iPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxを比較まとめ!その違いは?




2018年の新iPhoneは3モデル:iPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Max

2018年モデルのiPhoneとして,iPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxが発表されました。

ざっくり言うと上位モデルのXs(Xs Max)とXRということになります。ただ,XRが廉価版とはいえ思った以上にXsに近いのと,XRのディスプレイサイズが,Xs(5.8インチ)とXs Max(6.5インチ)のちょうど中間(6.1インチ)というのがポイントです。

本記事では,この3種類の2018年度版iPhoneについて比較していきたいと思います。

まずは予約を!
2018年9月14日(金)から,Apple Store,ドコモauソフトバンクで予約が始まっています。
ドコモ,au,ソフトバンクは予約をしただけでは料金はかかりません。
予約順位を見てあとでゆっくり考えることもできます。ちょっとでも気になる方はまずは予約を!


ドコモオンラインショップ


au Online Shop


ソフトバンクオンラインショップ

iPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxの比較表

iPhone Xs iPhone XR iPhone XS Max
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ブルー
ホワイト
ブラック
イエロー
コーラル
レッド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ディスプレイ 5.8インチ
2,436×1,125
有機EL
6.1インチ
1,792×828
液晶LCD
6.5インチ
2,688×1,242
有機EL
価格
(Apple公式)
64GB:112,800円
256GB:129,800円
512GB:152,800円
64GB:84,800円
256GB:90,800円
512GB:101,800円
64GB:124,800円
256GB:141,800円
512GB:164,800円
サイズ 143.6×70.9×7.7mm 150.9×75.7×8.3mm 157.5×77.4×7.7mm
重量 177g 194g 208g
CPU A12 A12 A12
カメラ デュアル12MP 12MP デュアル12MP
インカメラ 7MP 7MP 7MP
Face ID
耐水・防塵 IP68 IP67 IP68
連続通話時間 最大20時間 最大25時間 最大20時間
ワイヤレス充電
Wi-FI IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0 5.0 5.0
Apple Pay
SIM デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)

2017年のiPhone XとiPhone8が大きく違いがあったのに対し,2018年の3モデルはベースモデルは基本同じです。XsとXRの差はかなり小さいです。

  1. Xs(Xs Max)はディスプレイが有機EL←XRは液晶LCD
  2. Xs(Xs Max)はカメラがデュアル←XRはシングル
  3. Xs(Xs Max)は耐水・防塵が水深2m(IP68)←XRは1m(IP67)
  4. XRは連続通話時間が最大25時間←Xs(Xs Max)は20時間

違いは4つです。上3つはXs(Xs Max)が有利,最後の一つだけXRが有利な点になります。

あ,もう一つ挙げてないXRの有利な点は価格です。どこにお金を出すか?でしょう。あとは,やはりサイズですね。

iPhone Xs/iPhone Xs Maxはまさにフラッグシップ!しかし価格も…

iPhone Xs(テンエス)/iPhone Xs Maxは,いずれもゴールド・スペースグレイ・シルバーの3色展開です。

iPhone Xs/iPhone Xs Maxの違いはサイズのみ。iPhone Xと同サイズのiPhone Xsと,これまではPlusとされていたのがMaxという名称になっています。

2018年モデルの中でもっとも小さいのが5.8インチのiPhone Xsということになってしまいました。個人的にはiPhone SEとまで言いませんが,もう少し小さなiPhoneも欲しかったと感じます。

最新のA12チップ,顔認証の精度もアップ,急速充電・ワイヤレス充電にも対応と申し分ありません。しかし,価格もやんごとなきものとなっています。

XRとの差別化は,有機ELディスプレイ・デュアルカメラ・耐水防塵ですね。

iPhone XRは6色カラー展開!Xsに引けを取らない質感

iPhone5Cを覚えているでしょうか?iPhone XRの廉価版的な位置づけや,6色のカラー展開はiPhone 5Cを思い出させてくれます。

しかし,iPhone 5Cは決して成功したモデルとは言い難いものでした。やはりiPhone 5Sとの質感の差が大きかったと思います。背面プラスチックはねぇ…。

iPhone XRは5Cの反省が活かされており,Xsに引けを取らない質感です。価格は抑えながらも,しっかりと所有欲を満足させてくれる仕上がりになっています。かなりオススメできます。

そして,初登場となる6.1インチというこのサイズ感がどうかです。これは人によると思うのですが,「8と8 Plusの間があったらなぁ…」なんて考えたことのある人には,まさにこれ!です。

発売こそ少し遅れることになりますが,個人的にはこのiPhone XRが2018年の最大の売れ行きになるのではないかと予想しています。

旧モデルのiPhoe8やiPhone6sも魅力

2018年モデルのiPhoneとして,iPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxは全て2017年のiPhone Xの流れを汲むものとなり,ホームボタンがなくなりました。

スティーブ・ジョブズが考案した初代iPhoneから長く続いたホームボタンに慣れ親しんでいるという方も多いでしょう。改めてホームボタンのあるiPhone8を購入するというのも一つの手です。

ドコモやソフトバンクのiPhone8を安く買う方法は下記の記事で紹介しています。

【9/30まで!新プランでおトクケータイキャンペーン】ソフトバンクのiPhoneXs予約開始!iPhone8(64GB)も一括45,000円&月額880円から?!実際に契約してみた体験談も

2018.09.20

【2018年9月1日版】ドコモの端末購入サポートのiPhone8と8 PlusがMNPで割引き増額!在庫は少ないか?!

2018.09.05

docomo with(ドコモ ウィズ)にiPhone6sが追加!docomo withはシンプルプランと組み合わせて月額280円維持でお得!

2018.08.26

まとめ

本記事では2018年モデルのiPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxを比較してきました。iPhone XsとXrの下記の4つの違いはぜひおさえておいてください。

  1. Xs(Xs Max)はディスプレイが有機EL←XRは液晶LCD
  2. Xs(Xs Max)はカメラがデュアル←XRはシングル
  3. Xs(Xs Max)は耐水・防塵が水深2m(IP68)←XRは1m(IP67)
  4. XRは連続通話時間が最大25時間←Xs(Xs Max)は20時間

ここまでで一つだけ紹介していないことがあります。それはSIMのことです。一つの端末にSIMカードを2枚させるスマホのことを「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」と言います。

iPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxはいずれも,nano SIMとeSIMのDSDS対応しているのですが,物理SIMは1枚しかさせません。

しかし,なんと中国モデルのみnano SIMが2枚刺せるそうなんですよね…。詳しくは下記の記事をどうぞ。

新iPhoneはnano SIMとeSIMのDSDS対応。中国モデルのみnano SIM x2に|engadget日本版

うーん,なんか不公平…。北京か上海旅行のついでにiPhone買ってくるのが一番魅力的な気がしてきてしまいます(笑)。ただ,中国版はFelica(Suica)がないかもしれないという噂も。頭の隅にでも置いておいてください。

ドコモauソフトバンクでiPhone Xs/iPhone XR/iPhone Xs Maxを予約するなら,各オンラインショップにてどうそ!24時間対応ですし,ドコモだと頭金や事務手数料がかからないというメリットもあります。


ドコモオンラインショップ


au Online Shop


ソフトバンクオンラインショップ

また,ソフトバンク版のMNP(乗り換え)限定で,なんと発売時から30,000円ものキャッシュバックがもらえるネット代理店があります。こちらもご注目ください。くわしくは下記の記事をどうぞ。

【9/30まで!新プランでおトクケータイキャンペーン】ソフトバンクのiPhoneXs予約開始!iPhone8(64GB)も一括45,000円&月額880円から?!実際に契約してみた体験談も

2018.09.20










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です