ソフトバンクのGoogle Pixel 3を分割1,200円+35,000円+11,000円でMNPしてきた話




今回は関西地方のヨドバシカメラです

さて,今回は久しぶりのソフトバンクです!下記の記事から約1年ぶりのMNPポートインです。

ソフトバンクのiPhone8 Plus 64GBを一括2,640円で2台MNPしてきた話:祝!久しぶりのソフトバンクMNP契約可

2018-03-17

今回もちょっと心配しつつのMNPでした。というのは,下記のauへのMNPのときに解約&MNP転出したばかり(3/19POなので9日後)だったのです…。

auのiPhone8 64GBを一括0円+3.5万円CBで2台MNPしてきた話:iPhone MNP au購入サポートがネックですが…

2019-03-19

実は私はドコモもソフトバンクもいわゆる特価BL(契約はできるけども,各種割引が適用されない制限)が長らくかかっていたのです。ドコモの特価BLについては下記をどうぞ。未だに明けてません…。

ドコモの特価BL(特価ブラックリスト/要注意契約者)を確認する方法と解除を模索し続ける!(未だ明けず)

2019-03-24

で,ソフトバンクはといえば,実は2017年12月に,下記のあんしんファミリーケータイ204HWがソフトバンクオンラインショップで契約できたんですよね。しかし,これってMNP特売でもないし,例外かな?と思ってました。

あんしんファミリーケータイ204HWがソフトバンクオンラインショップで2年維持して5,880円!2年後のMNP弾やトランシーバーとして

2018-04-06

そこで,話のネタにもなると思い,いつも本ブログで紹介しているおとくケータイ.netさんでXperia XZsを1台だけ申し込んでみたんですよね。

【6/30まで!おとくケータイキャンペーン】ソフトバンクのiPhone8 64GBとGoogle Pixel 3a、Xperia XZ3は一括0円!月77円から使えるガラケーも

2019-06-24

そうしたら,これも審査通過して契約できちゃいました!

今回はそんなわけで,ソフトバンクへのMNPのケータイ乞食体験記です。結論から言うとタイトル通り,「分割1,200円+35,000円+11,000円」でした。

実は上記の通り,Androidは95,000円還元だったのですが,交渉の結果,115,000円還元にアップしてもらいました。

いつも申し上げてますが,あくまでこの記事は私の備忘録であり,「良い案件をGETした!」というわけではございません。もっと良い案件をつかんでいるプロの方はたくさんいらっしゃると思いますが,お見逃し下さい。

私はケータイ乞食のプロの方々には遠く及ばないので,プロの方はとにかくご勘弁ください。あくまで「MNPっておトクなの?」という初心者向けの記事となっております。

今回は解約したauからのMNP(解約を伴うMNP予約番号発行=切断型MNP)

今回はイオンモバイルb-mobile Sスマホ電話SIMマイネオなどの格安SIM(MVNO)からのMNPではなく,いつもなら純解約してしまうauからのMNPになります。

昔,ドコモやソフトバンクも契約できた頃はこうしてぐるぐる回せてたんですね…。というわけで,今回はMNP弾を作成する費用が省けています。

本来は所有しているau回線の契約解除料(10,260円)もかかるのですが,下記の記事でもすでに契約解除料は計上済みですし,本来であれば純解約してしまう回線のコストなので,今回は計算に入れていません。あしからずご了承下さい。

2019年3月もauが一番アツいことは間違いないですね!auへのMNPについては下記の記事をどうぞ。

auのiPhone8 64GBを一括0円+3.5万円CBで2台MNPしてきた話:iPhone MNP au購入サポートがネックですが…

2019-03-19

支出を計算:転出元au1回線です

今回の支出は既存所有のau回線からのMNPなので「MNP弾の補充」がありません。支出はGoogle Pixel3の維持費や解除料(ソフトバンクの今回の回線の未来の契約解除料)だけです。

Google Pixel3
64GB
端末代金(分割総額) ¥1,200
契約事務手数料 ¥3,240
1ヶ月目維持費 ¥1,077
2~7ヶ月目維持費 ¥18,012
契約解除料 ¥10,260
下取り端末 ¥0
支出計 ¥33,789

端末代金(分割価格)の計算

さて,まず端末代金なんですが,本来はGoogle Pixel3は98,400円です。しかし,今回はGoogle Pixel 3 ハッピープライスキャンペーンが適用されて,87,600円でした。

ここに,115,000円のヨドバシポイント還元のうち,80,000円分(消費税込みで86,400円分になるとのこと)を使います。

  • Google Pixel 3端末代金:98,400円
  • Google Pixel 3 ハッピープライスキャンペーン:-10,800円
  • 店舗施策割引:-86,400円(115,000円のうち80,000円分)
  • 計:1,200円

というわけで,分割で1,200円になりました。今回のキャンペーンでは48回分割払いが条件なので,1,200円の48回払い=25円/月の割賦契約を組むことになります。

この48回分割払いは早々にソフトバンクに電話(157)でして完済予定ですが,指定信用情報機関(CIC)に残るとのことですので,住宅ローンなどを考えておられる方は慎重に検討された方がよいと思います。

月額維持費の計算(2ヶ月目以降)

  • 通話定額ライト:1,620円
  • データ定額ミニモンスター:2,678円
  • 1年おトク割:-1,080円
  • 下取りプログラム:-216円
  • 計:3,002円

維持費はそこそこかかります。初月は日割りです。2ヶ月目以降はデータ定額ミニモンスター(2,678円)に変更の予定です。

一括購入割引なし

その代わり今回は「一括購入割引」なしの契約になっています。

一括購入割引 | ソフトバンク

ドコモやauの「購入サポート」にあたる割引なのですが,2018年9月5日をもって制度自体がなくなってました。

したがって,短期解約でも2年契約の違約金(10,260円)以外はかかりません。この手の制度の創出者であるソフトバンクがいつの間にか一抜けしているのは興味深いです。

下取りプログラム(のりかえ)

次に,下取り端末ですが,今回は過去にヤフオクで大量に仕入れたジャンク端末の中からガラケーのW53SAを出しました。

下取り端末の価値は今回は0円とします(置いておいてもゴミなので)。

下取りプログラム(のりかえ)| ソフトバンク

さて,このガラケーも上記の下取り価格で取ってもらえました。200円/月はソフトバンクの場合は利用料金からの割引になります。

ソフトバンクの下取りは後日郵送や,近所のソフトバンクショップに持ち込みも選べるのですが,今回は家電量販店のカウンターその場で処理してもらえました。

その他の条件

今回のその他の条件はまったくありませんでした。非常にクリーンですね。コンテンツはもちろん,5分かけ放題の「準定額オプション」すら無しでいけました。

2ヶ月目以降の維持費

というわけで,2019年3月28日契約なので,3月残りの4日間の日割り分を計算すると,支出は先ほどの表の通りとなります。

翌月からは,「通話基本プラン1,500円+データ定額ミニモンスター2,480円+ウェブ使用料300円-下取り200円」の44,06円(税込)で,一般的にBL基準と言われる7ヶ月目まで最低でも維持することになります。

収入を計算:下取り分はキャッシュバック不可で月額料金から割引

今回,購入したGoogle Pixel 3です。ホワイトにしました。

支出のところでも説明したように,115,000円のヨドバシポイント還元のうち,80,000円分(消費税込みで86,400円分になるとのこと)を使いました。

したがって,35,000円分のヨドバシポイントが手元に残る計算になります。

ソフトバンクのスマホ契約キャンペーン

ソフトバンクのスマホ契約キャンペーンで11,000Tポイントか現金11,000円をGET!要事前エントリー!

2018-12-01

今回はクーポンではなく,こちらの「ソフトバンクのスマホ契約キャンペーン」を使いました。

期間固定Tポイントだけではなく,同額(11,000円)で現金キャッシュバックが選べるのは大きいですね。

Google Pixel 3の端末価値

あと,2019年3月28日時点の携帯買取専門店(通称:コリアン)さんの買取価格を参考に,Google Pixel 3の端末価値を48,000円で計算します。自分で使うつもりで白を選んだんですが,不人気色だったんですね…。

ただ,あくまで端末価値の推定をしているだけで,端末の売却を推奨しているわけではありません。

トータルの収入の計算をしてみます

それでは,収入の計算をしてみましょう。

Google Pixel 3
64GB
端末価値 ¥48,000
ヨドバシポイント ¥35,000
ソフトバンクのスマホ契約キャンペーン ¥11,800
収入計 ¥94,800

収支を計算:手持ちauからのMNPなので有利になってしまってます

今回は手持ちのauからのMNPなので,ちょっと有利な計算になってしまっています。

先にも説明したように本来は純解約予定のau回線をMNPしたので,auの契約解除料(10,260円)は計算に入れてないからです。

格安SIMを契約してMNP弾にする場合は,下記から約12,000円ほど引いて考えて下さい。

au→Google Pixel 3 64GB
支出計 ¥-33,789
収入計 ¥94,800
最終収支 ¥61,011

おおお!なんと1台で61,011円という結果になりました!ソフトバンクでこれはスゴい。もちろん,ケータイ乞食全盛期には及びませんが,当時でも私は「ソフトバンクは台当たり3万円を超えたら御の字」と思ってましたので,これはかなりの好成績です。

収支が台あたり50,000円を超えるauにはかないませんが,回線をぐるぐる回せるメリットを考えればこれはなかなかの良案件です(私の中では)。

分割支払いを一括清算後のSIMロック解除はいつできるか?

製品の分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入された場合は、機種購入日から100日以内でも受付可能です(ただし、一部の一括販売キャンペーンで購入された製品の場合、SIMロック解除をお断りする場合があります)。

ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除

ソフトバンクは2017年12月1日以降,一括払いで購入の場合は,一括払いの支払い確認後(すなわち即日に近いタイミング)にSIMロック解除ができるようになりました。

今回は上記にあるように,「製品の分割支払金/賦払金を一括精算」して早期にSIMロック解除ができるようにしたいと思い,契約翌日に157に電話をしてみました。

一括払いへの変更は簡単にできました。月末の料金支払いに合算されるとのことです。

ただ,SIMロック解除については「6月上旬から中旬まで不可能」とのことでした。だいたい契約101日あたりなのですが,これが101日制限なのかクレジットカードでの残債支払い確認タイミングなのか不明です。また間を置いてSIMロック解除を試してみます。

まとめ

お土産の品物もGETしてきました。奇しくもキットカット(笑)。ボックスティッシュ4個です。花粉症の身にはありがたいですね。

いろいろ勉強してケータイ乞食分野に新規参入しても,もはや先がない…と何度かこのブログでも書いていたのですが,今回もソフトバンクでなかなかの結果を出しました。

ソフトバンクでこんなに良い結果だったのっていつ以来でしたっけ…?さすが年度末ですね(年度末は決算時期なので,ケータイ販売促進にも熱が入る)。

  • au→Google Pixel 3 64GB
  • 支出計:¥-33,789
  • 収入計:¥94,800
  • 最終収支:¥61,011

とはいえ,衰退気味な分野であるのは間違いないので,過大な期待は禁物です。

ただ,ケータイ乞食=ケータイ料金の仕組みを知ることなので,その意味ではケータイ料金節約術につながる可能性もあります。詳しくは下記の記事をどうぞ。

MNP(携帯乞食)で小遣い稼ぎ!いちからはじめるケータイ乞食のやり方まとめ

2018-07-26

個人的には,今回はクレジットカード発行の部分が,陸マイラー=ポイント活動と重なり,「何円以上のメリットがあれば発行しても良いか?」と考えました。これは,ケータイ乞食だけをやっていたときにはなかった視点です。ケータイ乞食と陸マイラー=ポイント活動は親和性があると思います。

【陸マイラー】月3万円の小遣い稼ぎ or ANAマイルを稼ぐ方法!副収入・副業としてのポイント活動!

2018-04-02

陸マイラー=ポイント活動に興味がある方は上記の記事もどうぞ!

ともあれ,本記事はあくまで私の体験談です。本ブログの読者さまが,本記事をどのように理解して活用するかは,それぞれの価値観であるかと思います。少しでもお役に立てば幸いです。











12 件のコメント

  • 連投です。
    通話基本プランにはウェブ使用料が含まれているはずなので、恐らくさらに300円安くなるのかなと。

  • 1年おトク割は適用されてませんか?
    私は学割辞めてスマホスタート割でキャッシュバックを増やしてもらいました。

    一年間は普通に使う予定なので利益は僅かです。
    4月以降どうなるのかも含めて、引き続き記事にしていってください。楽しみにしています。

    • ラッキールウさま

      コメントありがとうございます。ご指摘通りですので修正しました。ありがとうございました。

  • 質問なのですが、計算が7ヶ月目までは何故なのでしょうか?

    7ヶ月だと確実にまたBL入りですよね?
    BL入り前提ならいっそ即解約でいいのでは・・・?

    • AIRさま

      コメントありがとうございます。審査に絶対はありません。7カ月ならギリギリ大丈夫かなという仮で計算してます。責任は持てません。

  • いつも拝見しています。
    ヨドバシポイント35,000円はどこから出てきたのでしょうか?

    • たろんたろんさま

      コメントありがとうございます。115,000円のヨドバシポイント還元のうち,80,000円分(消費税込みで86,400円分になるとのこと)を使いました。

      したがって,35,000円分のヨドバシポイントが手元に残る計算になります。

      • ご返信ありがとうございます。
        そうゆうことなのですね。理解しました。

        併売店、家電量販店、ショップのなかでは、お得度でいうとどのような序列でしょうか?
        また、良案件を見極めるコツをご教授いただけると幸いです。笑

  • はじめまして
    いつも記事を読ませて頂き、勉強させて頂いております
    私も今月末にソフトバンクへのPIを考えているのですが、今回の条件でスマホスタート割は適用出来ないのでしょうか?
    概ね似たような条件で契約を考えていたのですが、適用出来ない理由等があれば、契約前に是非ともご教授頂きたいです

    お返事お待ちしております

    • らいらいさま

      コメントありがとうございます。再現性が低いので今回の記事の計算には入れてないのですが,私は「学割放題」を入れています。

      スマホスタート割は学割放題と同時加入できないので,適用していないというわけです。

      https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/sumaho-start/

      なお,スマホスタート割を「お客さまの電話番号を画面に表示したご利用機種を撮影」があるということになっているので,あるかどうかはわかりませんがしっかり準備をしていってください。

      • 昨日はお返事頂き、ありがとうございました
        本日、無事にスマホスタート割を適応させた上で、量販店での契約を終えました
        事前に記事を見させて頂いて、最終確認ができて良かったです
        交渉は緊張しましたが、納得できる特価で契約出来ましたので概ね満足です
        明日auに全力を注ぎたいと思います
        今後も記事を楽しみに読ませて頂きます
        ありがとうございました

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA