ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパックはじまる!段階制の新パケットパック誕生




ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパック(段階制パケットパック)がスタート

ベーシックパック・ベーシックシェアパック|NTTドコモ

ドコモの料金プランが久しぶりに大きく変わりました。ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパックが,2018年5月25日から開始されます。その特徴は上記の図の通り,段階制であることです。

また,ベーシックパック・ベーシックシェアパックの提供とともに,「シェアパック®5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は,2018年5月24日(木曜)をもって新規申し込み受付を終了しますが,現在契約中の人は継続して利用できます。

結論だけ先取りして言うと,家族でウルトラシェアパック30を使っている場合は旧プラン継続がオススメ,単身でほとんどデータを使っていない(1GB未満)の人は新プランへの変更がオススメ,後は状況次第といったところでしょうか。

本記事では,なぜ段階制なのか?ドコモの狙いは?従来プランとの違いは?残ったウルトラパックとどちらが良いか?などを解説していきたいと思います。

ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパックの料金体系

パケット データ量 割引前料金 ずっとドコモ割プラス料金割引額 ドコモ光セット割
パック名 2nd 3rd 4th プラチナ (ドコモ光ミニの場合)
ステージ ステージ ステージ ステージ
ベーシック <ステップ4> 15,000円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,200円 ▲1,800円
シェアパック ~30GB (▲500円)
<ステップ3> 12,000円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,200円 ▲1,800円
~15GB (▲500円)
<ステップ2> 9,000円 ▲400円 ▲600円 ▲800円 ▲1,000円 ▲1,200円
~10GB (▲500円)
<ステップ1> 6,500円 ▲100円 ▲200円 ▲600円 ▲900円 ▲800円
~5GB (▲500円)
ベーシック <ステップ4> 7,000円 ▲100円 ▲200円 ▲600円 ▲800円 ▲800円
パック ~20GB (▲500円)
<ステップ3> 5,000円 ▲100円 ▲200円 ▲600円 ▲800円 ▲800円
~5GB (▲500円)
<ステップ2> 4,000円 ▲600円 ▲200円
~3GB (▲200円)
<ステップ1> 2,900円 ▲200円 ▲100円
~1GB (▲100円)

まず,ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパックの料金体系を確認しておきたいと思います。

  • ベーシックシェアパック=家族・複数台向け
  • ベーシックパック=単身・一台向け

となっています。それぞれプランそのものは一種類しかありません。上記の表はどう見るかというと,月に使ったデータ量に応じて料金が変わる(ずっとドコモ割プラスや,ドコモ光セット割の割引も変わる)という段階制パケットパックになっています。

なぜ段階制パケットパック導入したのか

これはもうARPUの向上,すなわち客単価のアップを狙っているにほかなりません。APPU(Average Revenue Per User)とは,通信事業者の1契約あたりの売上をあらわす数値です。

ARPU|ウィキペディア

段階制パケットパックを導入することで,「うっかり」使いすぎる人を一人でも増やしたいというのがドコモの本音でしょう。特に単身向けのベーシックパックにその狙いがハッキリ出ています。

  • ~1GB:2,900円
  • ~3GB:4,000円
  • ~5GB:5,000円
  • (ここの差?!)
  • ~20GB:7,000円

5GBの次がいきなり20GBという設定になっています。ほとんどのユーザーを最大額まで毎月引っ張りたいという思惑が透けて見えます。

従来プランと新プラン(ベーシックプラン・ベーシックシェアプラン)の比較

果たして新プランは旧プランと比較しておトクになったのか?それとも,旧プランのまま使い続けるべきなのか?比較してみたいと思います。

ベーシックシェアパック(家族・複数台向け)の場合

旧プラン名 旧プラン料金 新プラン料金
ウルトラシェアパック100(100GB) 25,000円
ウルトラシェアパック50(50GB) 16,000円
ウルトラシェアパック30(30GB) 13,500円 15,000円
シェアパック15(標準)(15GB) 12,500円 12,000円
シェアパック10(小容量)(10GB) 9,500円 9,000円
シェアパック5(小容量)(5GB) 6,500円 6,500円

シンプルな比較表にしてみました。旧プランのうち,ウルトラシェアパックは新規申し込みも継続です。値段はほとんど変わっていませんが,10GBと15GBで500円安くなり,30GBで1,500円高くなっています。

当然のことながら,この1,500円をできるだけたくさん回収したいというのがドコモの狙いです。毎月15GB以上使うという人は,ウルトラシェアパック30を継続する方がおトクです。

値段だけではない新プランのデメリット:「パケットくりこし」対象外

さらにもう一つ新プランの落とし穴があります。それは,「パケットくりこし」対象外です。

【「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」について】

当月1日から末日までのデータ利用量に応じて自動的に定額料が変動するパケットパックです。「パケットくりこし」は対象外です。

これは新プランの最大のデメリットと言っても過言ではありません。10GBと15GBで500円安くなったといっても,パケットくりこしがないのでは,かなり不利です。

ベーシックパック(単身・一台向け)

旧プラン名 旧プラン料金 新プラン料金
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円 7,000円
データMパック(標準)(5GB) 5,000円 5,000円
3GB 4,000円
データSパック(小容量)(2GB) 3,500円
1GB 2,900円

単身向けのベーシックパックの場合でもほぼ事情は同じです。ただし,データ量に「ずれ」があります。データ量を少なくして安く見せていますが,基本的には高くなっています。特に最大の20GBの1,000円アップがイタいですね。

しかも,先ほど説明したように,新プランのベーシックパックでは「パケットくりこし」が対象外になります。このデメリットは計り知れません。

ベーシックパック・ベーシックシェアパックの最大のメリットはシンプルプランOK

上記は単身向けのベーシックパックの場合です。上記を見るとわかるのですが,新プランのベーシックパックではシンプルプランが選べます

これまで一人で利用の場合,大容量パケットパック「ウルトラデータLパック(20GB)」「ウルトラデータLLパック(30GB)」でないとシンプルプランが選べませんでした。

というわけで,パケットをほとんど使わない人向け(1GB未満)には,かなりの改善となっています。ガラケーユーザーの誘導を意識してのことではないでしょうか。

同じくベーシックシェアパックの利用イメージです。こちらも代表回線でもシンプルプランが選べるようになっています。ただし,子回線は旧プランでもシンプルプランが選べていましたので,単身向けほどのインパクトはありません。

ドコモwithとも併用可能

また,利用イメージを見ていただければわかるように,ドコモwith(-1,500円/月)とも併用可能になっています。とはいえ,ドコモwithについては旧プランでも併用可能でしたが…。

ドコモwithについては,下記の記事で詳しく解説しておりますので,興味のある方はご一読ください。

docomo with(ドコモ ウィズ)にAQUOS sense2が追加!docomo withはシンプルプランと組み合わせて月額280円維持でお得!

2018.12.12

まとめ

ベーシックパック・ベーシックシェアパック|NTTドコモ

ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパックは,段階制のパケットパックで,auのピタットプランとも似た仕組みになっています。

旧プランについては,ウルトラシェアパックは残るものの,データ容量が少ないプランは廃止になりますので,強制的に段階制パケットパックに移行というのがドコモのシナリオです。

では,まとめです。

  • ドコモのベーシックパック・ベーシックシェアパック(以下,新プラン)は,段階制パケットパック(2018年5月25日開始)
  • 新旧プランの料金はほぼ変わらないが,中間帯はやや安くなり,最大額は新プランの方が高い
  • 新プランは「パケットくりこし」対象外
  • 新プランは「シンプルプラン(980円/月)と併用可能になり,ひとり利用の1GB未満は断然安く
  • 「ドコモwith」と「ずっとドコモ割プラス」とも併用可能(ただし旧プランも可能だった)

こういったところでしょうか。結論だけ言うと,家族でウルトラシェアパック30を使っている場合は旧プラン継続がオススメ,単身でほとんどデータを使っていない(1GB未満)の人は新プランへの変更がオススメ,後は状況次第といったところでしょうか。

以上,ドコモの新プラン(ベーシックプラン・ベーシックシェアプラン)の解説でした。ドコモユーザーの方は,dカード GOLDを持っておくとおトクです。毎月の携帯料金に対してポイント10倍!その他の特典もあります。くわしくは下記の記事をどうぞ。

dカード GOLDはドコモユーザーは持たなきゃ損!メリット・デメリットのまとめを実体験に基づき紹介

2018.04.07










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA